07.11.2015 17:00 - in: セリエA S

    トスカーナでの素晴らしい5試合

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスはアウェイ、エンポリ戦で5勝、2敗そして多くの引き分けを記録しています。ここでは、成功した5試合を取り上げます。

    トップ・ディヴィジョンでは新しいチームとして、86年の歴史の中で大部分を下のリーグで過ごしてきたエンポリは、ホームで10回目のユベントスの対戦を行ない、1987年と1999年にホームでビアンコネリに勝利しています。

    ユベントスは、この試合で圧倒的に優位な記録をもってトスカーナで対戦に向かい、セリエAで得る事が出来る可能性の勝ち点54点のうち42点今週末の相手から主張します。

    この試合、昨シーズン14位のエンポリ勝利すれば、ユベントスにとって6勝目となり、過去5試合のエンポリ戦から、素晴らしいゴールと多くのゴール前でのアクションに期待が出来ます。

    1986.9.28 エンポリ 0-1 ユベントス

    この試合の前の2試合、ヨーロッパ・カップ、ヴァルル戦(7-0)と、1986/87シーズン2節アヴェッリーノ戦(3-0)で10得点を奪いリーノ・マルチェージ監督のユベントスは、典型的に高い気分でエンポリ戦に臨みました。

    エンポリが長い期間を過ごすスタディオ・カルロ・カステラーニの安全面の理由からフィレンツェのスタディオ・コムナーレに会場を移します。トスカーナのチームは、チャンピオンに対し最初の45分あらゆる方法でで切実に戦い、謙虚なバックグラウンドの小さな兆候を示しました。

    しかし、最初のチャンスを切り開いたのはユベントスでした。ミカエル・ラウドルップが低い弾道のシュートを放ち、元ユベントスのストッパー、ジュリオ・ドラゴが止め、セルジオ・ブリオもペナルティ・エリア端からシュートを放ちました。

    ユベントスのクオリティは終わりまで輝き、ブリオがもう一度、ミシェル・プラティニのコーナーから近距離でシュートを放ち、先制点に相応しいゴールを与えた。

    ユベントスがリードを奪った時、エンポリのアデリーノ・ゼナーロのヘディングがユベントスのゴールを脅かすも、ユベントスは、リーグ3連勝を確実にした。

    1998.4.19 エンポリ 0-1 ユベントス

    エンポリは、次の5月に最高の状況を確保し、数ヶ月後にユベントスに対し歴史的な1-0のホーム勝利を挙げた。両チームは1990年後半にエンポリが昇格するまでまで再び対戦する事はありませんでした。

    1998年春の対戦は、ミッドフィールダーのファビオ・ペッキアの唯一のゴールで決着がつきました。

    非常に強い立ち上がりでエンポリは試合を進め、カミーネ・エスポシティオの絶好のチャンスを撥ね除け、ビアンコネリはもう一度勝ち点3点を奪った。

    ユベントスは、アレッサンドロ・デルピエロ、エドガー・ダヴィッツ、ディディエ・デシャン、ジネディーヌ・ジダンが在籍し、最終的に自分自身を主張し始めるも、インターバルの前のチャンスは、キーパーのマルコ・ロカッティにゴールを守られた。

    マルチェロ・リッピ監督がジダンとデシャンを後半中頃に交代させ、ジダンは現在レアル・マドリッドのアシスタント・マネージャーのペッキアと交代し、マルセロ・サラジェダのフリックから残り20分の場面でゴールを挙げた。

    エンポリは、未だ倒された訳ではなく、勇ましく反撃に出たが、アンジェロ・ペルッツィは素晴らしいヘディングシュートや長距離のボレーシュートからゴールを守った。

    アレッシオ・タッキナルディのレッド・カードとエンポリのゴールを脅かす続く攻撃は、引き分けに近付きそうになるも、リッピ監督の選手達はタイトル・レースへ勝ち点3点を奪うために、深く戦い勝利した。

    2002.9.21 エンポリ0-2ユベントス

    ユベントスの次のスタディオ・カルロ・カステラーニでの勝利は2002年の9月となり、可能性の少ない試合は、アレッサンドロ・デルピエロの2ゴールまで最終的に決め手がありませんでした。

    最初のユーヴェの背番号10のゴールは、エンポリのバックラインを出し抜き素晴らしい走りから6分にペナルティを得ます。2点目は、イゴール・トゥドゥールのパスをゴール角へジャンルカ・ベルティからゴールを奪った。

    試合終了の笛の前に、左サイドからのクロスを外さなければ、デルピエロは完璧なハットトリックを挙げる事が出来ました。

    4年前と同じ様に、リッピ監督のチームは、今回ジャンルイジ・ブッフォンがスマートにゴールを守り、リードした。

    終わりに、ブッフォンは、デルピエロ、パベル・ネドベド、マウロ・カモラネージとユーベは、5回目のチャンピオンズ・リーグ決勝へ進出し、27回目のリーグタイトルを獲得した。

    2005.9.11 エンポリ0-4ユベントス

    ビアンコネリは3年後トスカーナに戻り、今までも最も素晴らしいスタディオ・カルロ・カステラーニでの結果を生み出した。

    デルピエロは出場出来なかったが、ダビド・トレセゲとズラタン・イブラヒモビッチの攻撃力が高い組み合わせが、エンポリのバックラインを脅かし、ファビオ・カペッロ監督のチームに素晴らしい午後をもたらした。

    以前のユベントスはトスカーナのチームの頑固な守備を破るのに苦労していたが、2005年のユベントスは、エンポリに対しそのような事はありませんでした。

    イブラヒモビッチの優れたフリックのアシストからトレゼゲの当然のフィニッシュ、パトリック・ヴィエラの力強いニアポストのヘディングとマウロ・カモラネージの3点目、は15分間で行なわれ、試合は事実上決着がついていました。

    ユーヴェは、ハーフタイム直後にベストが訪れます。トレゼゲがネドベドのチップパスからこの試合2ゴールメカつユベントスで99得点目を奪った。

    インスピレーションが過去のアウェイ、エンポリ戦から得られるなら、それはこの試合でなければなりません。

    2014.11.1 エンポリ0-2ユベントス

    素晴らしいゴールは、エンポリとビアンコネリの9回目のアウェイ戦のテーマでもあります。

    数日前にジェノア戦でこのシーズン最初のリーグ戦敗戦に苦しみ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、勝利を得る方法に戻ろうとマウリッシオ・サッリ監督の新しいエンポリに対して挑みました。

    最高の瞬間はアルトゥーロ・ビダルへ巡ってきたが、殆どチャンスの無い前半の後、ビアンコネリは、後半の45分で多くのチャンスを作った。クワドォ・アサモアの素晴らしい動きから、クラウディオ・マルキジオを通して、ジョルジョ・キエッリーニのヘディングは、ゴールを外れるも最初の決定機となった。

    残り30分未満の所で、アンドレア・ピルロのシュートが容易く壁を越え、アッレグリ監督のチームにリードを与えた。

    ブッフォンの素晴らしいセービングの後、ユベントスはリードを広げます。アルバロ・モラタがカルロス・テベスのショートパスから、追加点を奪った。

    5ヶ月後のユベントス・スタジアムで同じ結果をサッリ監督のチームとの対戦で残し、この日曜の試合でも勝利数を伸ばそうとしています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK