18.11.2015 18:38 - in: セリエA S

    ミラン戦、忘れられない5ゴール #JuveMilan

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリ対ロッソネリの物語は、巨大な重要性と息をのむ様な対戦、開いた口が塞がらないほどのドラマとゴールがあります。Juventus.comは、このうちの5ゴールを振り返ります

    イタリア又は海外でも、どの試合もユベントス対ミランと同じレベルのドラマを生み出す事はできません。

    イタリアのカルチョの偉大な2チームは、トップ・ディヴィジョンで160回戦い、51回のリーグタイトルを奪い、息をのむ様な対戦を行なって来た。
    当然、ビアンコネロがロッソネリと対戦する時、両チームが挙げた多くの432ゴールは、偉大な重要性です。

    それを念頭に、トリノでのイル・ディアボロ戦の貴婦人の最も忘れられない5ゴールを、Juventus.comは振り返ります。責任を持つ選手?
    ビエトロ・アナスタシ、ミカエル・ラウドルップ、ロベルト・バッジョ、リリアン・テュラムとクラウディオ・マルキジオです。

    1970年:アナスタシの素晴らしいバイシクルシュート

    1969/1970シーズンのビアンコネリ(最終的にカリアリに優勝を許し3位で終わった。)は、3-0で土曜日の対戦相手に楽に勝利し、最も素晴らしいパフォーマンスの1つを挙げた。

    1970年3月のユーヴェとミランの対戦は、丁度8分に純粋なインスピレーションからのビエトロ・アナスタシのゴールがスタディオ・コムナーレで先制点となった。

    足を上げボールへ向かい、ビアンコネリ最高のスナイパーは、この年、65,000人と街の歴史的のアリーナでミラン・ゴールキーパー、ファビオ・クディチーニからゴールを奪った。

    アナスタシは、この2分後にダイビング・ヘッドで2点目を加え、ヘルムート・ハラーのクレバーなカットバックから、クラウディオ・レオナルディが素晴らしいボレーシュートで追加点を奪いました。

    1986年:ラウドルップが22回目のスクデットを確実にした

    ジョバンニ・トラパットーニ監督のユベントスは、勝ち点2点差で2位ローマを追跡をリードし、1985/86シーズン最後から2戦目を戦いました。

    スタディオ・オリンピアで既に降格を決めたレッチェとローマは対戦という事で、彼らは残りの試合で2勝を挙げる自信があり、その間にビアンコネリは1986年4月のミラン戦をホームで戦う事に。

    首都からのニュースがハーフタイムの直後に知らされ、ユベントスファン勝利がタイトル獲得になるとわかり、ミカエル・ラウドルップは、想いを事実にした。

    マッシモ・ブラスキがペナルティーエリア左側から低いクロスを放ち、ラウドルップがボールに触れ、落ち着いて、シンプルに最も意味のある彼自身の35ゴール目となるシュートでネットを揺らした。

    ピッチは、28分後にビアンコネリのパーティーが始まり、ミラン戦を1-0で勝利、ローマがレッチェに3-2で勝利したため、22回目のスクデットを手にした。

    1994年:バッジョのヘディング

    8年後、ロベルト・バッジオが頭でロッソネロのネットを揺らし、ユベントスのこのシーズンで重要なポイントとなるビアンコネロの6連勝の3勝目を確実にした。

    2週前に、フォッジャ戦を意外にも敗北してしまい立ち直る為に、アントニオ・コンテ、ファブリツィオ・ラヴァネリ、ジャンルカ・ヴィアリを中心にマルチェロ・リッピ監督のチームは前半を支配した。

    チームがロッカールームへ向かう前、アンジェリ・ディ・リービオが左足で素晴らしいクロスを放つと、バッジオが頭で合わせて重要なゴールを奪います。

    この試合に続き、フィオレンティーナ戦(3-2)、ラツィオ戦(4-3)ローマ戦(3-0)で高得点での勝利を挙げ、セリエAで反撃不可能なリードを冬を通してユベントスは確実にします。
    23回目のスクデットは、5月末に訪れました。

    2002年:テュラムのダイナモ・スプリント

    リリアン・テュラムはユベントスでは1得点を挙げただけだが、おそらく、彼の様な情熱とタイミングと落ち着きが素晴らしい選手をデッレアルピで見る事ができたのは、最もすばらしい例えの1つでした。

    ミランのコーナーを頭でクリアーし、マーク・ユリアーノが箱の端でアンドレア・ピルロからボールを奪ったところで、テュラムのセンセーショナルなスプリントが始まりました。

    9秒後に、テュラムはアレッサンドロ・デルピエロの正確なパスを受け、スリリングな反撃をコントロールしながら、飛びかかるクリスティン・アッビアーティーからゴールへボールを滑り込ませた。

    走り、フィニッシュそしてセレブレーション、純粋なユベントス対ミランの輝きです。

    2011年:マルキジオがしとめる

    無謀な速度、そして、拘束のない強さで行われた試合、この2011年のユベントス・スタジアムで2チームの最初の対戦は0対0の引き分けが予定されている様で、ユベントスとミラノは、何も与える事が出来ない様でした。

    ゴール前のアクションも最終的にミルコ・ヴチニッチのチップがクロスバー当たり、アルトゥーロ・ビダルのシュートもはずれ、レオナルド・ボヌッチの至近距離のシュートもゴールを越えました。

    試合を決めるゴールは87分訪れました。

    ゴールから25ヤードでボールを拾い、クラウディオ・マルキジオは、退いているロッソネリを動かし、ビダルとヴチニッチとワンツーを繰り出し、ペナルティエリアに侵入しそのまま得点。

    マルキジオは、6分後に追加点を奪います。放ったシュートでアッビアーティーからゴールを奪い、ユベントス・スタジアムでホーム勝利を飾った。

    あなたが知っているように、残りは歴史です。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK