02.12.2015 19:30 - in: セリエA S

    フライデー・ナイト・フィーヴァー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    2つの出来事とラツィオ戦へ向かいます。最初に全大会で5連勝をかけ、2つ目に金曜日開催の11試合で、1敗という記録です…

    この数週間でトリノ、エンポリ、ミラン、パレルモに勝利し、ユベントスはリーグ戦5連勝を賭けラツィオと戦います。

    歴史的にラツィオとユベントスの金曜日の対戦は、この週末へ勝利へ同じスタッツを生じることも出来るかもしれないが、大多数のユベントス・サポーターに気づかれずに熱く進行します。

    ユーヴェの金曜日の11試合のうち、2010年4月のホセ・モウリーニョ監督のインテル戦で1敗していますが、6分4勝を挙げています。
    ドラマテックなゴールの品質は、4勝に導きます。今週のローマでの戦いは見逃せません…

    2001:ジダンは、ショーを一人占め

    2001.05.11 フィオレンティーナ1-3ユベントス、スタディオ・アルテミオ・フランキ

    残り5試合で勝ち点6差をファビオ・カペッロ監督のローマに離され、カルロ・アンチェロッティ監督のユベントスは、ローマとレッチェとの引き分けに続き2000/01シーズンのスクデットへは勝利だけが望みという状況でフィオレンティーナとの対戦となった。

    数人のファースト・チームの選手が怪我と出場停止で欠場し、ジネディーヌ・ジダン、フィリッポ・インザーギそしてダビド・トレセゲが前線の3人として戦い、ビアンコネリはフィレンツェでこの戦いに勝つ事ができた。

    この3人のうち、ロベルト・マンチーニ監督のフィオレンティーナにマン・オブ・ザ・マッチの活躍をしショーを一人占めしたのは、この夏に記録破りの移籍でレアル・マドリッドに加わり2度のセリエA外国人プレイヤー賞に輝いたジダンでした。

    確実に前半のの中頃にフィレンツェで先制したのは、ジズーでした。本能的にトレゼゲの正確なヘディングから得点を挙げた。

    ジダンはこの4分後にアシストを記録し、このシーズンで5ゴール目となるイゴール・トゥドールへ完璧なクロスを放ちました。

    マルコ・ロッシの近距離のシュートで1点を返すも、ファビアン・オニールのサイドからのフリーキックをトレゼゲが頭で合わせてコレが決勝点に。

    多くの試合でカルロ・アンチェロッティ監督のチームは4勝を挙げるも、最終節ローマがパルマに3-1で勝利したため、タイトルを奪う事は出来ませんでした。

    2012:マトリ、終盤での決定弾

    2012.12.21:カリアリ1-3ユベントス、スタディオ・エンニオ・タルディーニ

    ユーヴェが金曜日にもう一度勝利を収めるには11年かかりました。
    2012年最後の試合でカリアリに勝利し、この結果全ての大会で119得点、リーグ戦94点を獲得というクラブ記録を達成した。

    マウリシオ・ピニージャの早々のPKによる失点で出遅れたアントニオ・コンテ監督のチームは、後半の対戦で素晴らしい12ヶ月の特徴を描写した同じファイティング・スピリットを示しました。

    ユベントスは、15分間でクワドォー・アサモアとレオナルド・ボヌッチの近距離でのヘディングシュートと、アルトゥーロ・ビダルの外れたPKと素晴らしいチャンスがあった。そして、アレッサンドロ・マトリ(現ラツィオ)がリバウンドから同点弾を奪った。

    対戦がアディショナルタイムに進み再びマトリの本能が動いた、カリアリのエリアで守備陣を抜け出し、ビアンコネリのベンチへ興奮を送った。

    そして、ミルコ・ヴチニッチがセバスチャン・ジョヴィンコのクロスを押し込み、コンテ監督のチームは、クリスマス祝賀を3分後に始める事ができた。
    5ヵ月後、同カードで2シーズン連続チャンピオンに輝いた。

    2013:ユーヴェ再びトップに立つ

    2013.12.6:ボローニャ0-2ユベントス、スタディオ・レナート・ダッラーラ

    ビアンコネリは1年以内に、フェスティバルな金曜日の対戦を行ない、2対0でボローニャの挑戦を破りました。

    激しく追跡するルディ・ガルシア監督のローマと共に、開幕12試合を奪い、無失点を7試合行ない、ユーヴェは自身でも印象的な走りでエミリア・ロマーニャへ向かった。

    スタディオ・レナート・ダッラーラでの対戦の調子が正確に良い進行をしている事を、フェデリコ・ペルーソのパスからボレーシュートでビダルが早々にゴールし確実とした。

    そこから、フェルナンド・ジョレンテが、キーパーに2度ストップされるも、ビアンコネリは、唯一の先制点のリードで試合を進行した。

    89分にもう一度ボローニャのバックラインへ圧力をかけます。ジョルジョ・キエッリーニがカルロス・テベスのコーナーに最も速く反応し得点を上げると、ユベントスは3期連続クリスマス・ツリーの最上位を確実にした。

    この場面が解りますか?3回のクリスマスでの首位は、続けて3年連続リーグ・タイトルになりました。

    2015:ピルロ、金曜日夜の魔法

    2015.02.20:ユベントス2-1アタランタ、ユベントス・スタジアム

    「醜いプレーが必要な時、それはリーグ・タイトルを獲得する方法です。38試合で常に必ずしも上手くやろうと思う事はありません。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ 2015.02.20

    4日前に、ボルシア・ドルトムントと黄金のチャンピオンズ・リーグ・ファースト・レグを同じスコアで戦い、ビアンコネリの金曜日の戦いは、監督が最も素晴らしく特徴を捉えていました。

    早々にヘディングによる失点を許すも、こつこつと戦うことで結果をひっくり返す事ができるとユベントスは解っていました。たとえばジョレンテの同点ゴールは、ゴール前での混戦から押し込んだ形となった。

    結束を固め、アタランタをシャットアウトするためにユベントスのファイティングスピリットは後半に示され、アンドレア・ピルロの決勝点は同点ゴールとは対照的に純粋に美ししいものでした。

    ゴールから35ヤードでボールを持ち、頭を上げ、ゴール角へ止められないシュートを放ちました。

    このゴールは、ユベントスの選手として何度も何度も見ることが出来たピルロの最後のシーズンの多くのゴールのうちの1つです。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK