19.10.2015 18:55 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ボルシア・メンヒェングラートバッハを一覧

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ボルシア・メンヒェングラートバッハはブンデスリーガで4勝を挙げ、ユベントス・スタジアムへ向かいます。 Juventus.comはボルシアMGの歴史、監督と最近の形を見てみます

    ボルシア・メンヒェングラートバッハは、若いファンには親しみの無いチームであるが、今シーズンのアンドレ・シュバート監督のチームとして、彼らはチャンピオンズ・リーグを戦います。しかし、1970年代にはドイツ・サッカー界を成長させリスペクトされなければなりません。

    ここに過去の栄光と最近の再興、新しい物語全てが、ビアンコネリのグループDお対戦相手を知るということです。

    歴史

    1990年に創立し、昨シーズンのブンデスリーガで3位に着けたチームは、1965年にドイツのトップ・リーグに現れ、メンヒェングラートバッハは、最も大きいステージで戦い続けました。

    ユップ・ハインケスとギュンター・ネッツァーの刺激的な才能と目立つスタイルを構築しプレーし、メンヒェングラートバッハは、1968年と1969年に3位でシーズンを終えました。

    若い選手に対する信頼からボルシアMGは、1970年と1971年にリーグ・タイトルを連続して獲得したが、それが最高ではありません。この時点でトロフィーを保持した唯一のクラブになりました。

    4年後に伝説的な監督ウド・ラテックがチームを率いボルシアMGは自身の記録を1枚上手に行き、1975~1977年に続けて3回ブンデスリーガを優勝しました。

    ボルシアMGは、最終結果4-2で1975/1976シーズンのヨーロッパ・カップでユベントスに勝利した

    国内で強さを見せている間、ボルシアMGはヨーロッパでも印象を残しています。カップ・ウイナーズ・カップのタイトルを1973年と1975年に獲得し、1977年のヨーロッパ・カップ決勝では、リバプールに3-1で破れた。

    この素晴らしい8年間には、ベルティ・フォクツとチームは、5回ヨーロッパでの決勝にで現れ、2勝3敗となりました。

    そしてその後不遇の時代が続きます。ボルシアMGがドイツのキーとなるチームになり再び目立ち始めたの最近亡くなった監督退任した監督リュシアン・ファーヴルの到着まで待たなければいけませんでした。

    2011年に、チームは、曲がり角に到着し、ファーヴル監督は降格プレーオフでボルシアMGを残留に導きました。

    監督の成功した初シーズンをベースに、元ヘルタ・ベルリン監督は、2011/12シーズンでチームを4位へ押し上げ、ボルシアMGをチャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージへ向けました。

    今シーズンの始まりでの数試合で5敗という不振でボルシアMGの歴史上で偉大な監督の1人と思われるファーヴル監督は、辞任する事になりました。そしてクラブのU23監督で合ったアンドレ・シュバート監督に引き継ぎました。

    監督

    ファーヴル監督の退任は、44才のシュバート監督に予想外のチャンスを与えました。

    広範囲な経験はドイツサッカー協会の中の様々なトレーニング・レベルから、ボルシアMGの暫定コーチは、SCパーダーボルン07で監督のキャリアを開始した。予備チームを担当し、2部へ導きびいた。

    ドイツU15の戦術家がクラブのユースを担当する為にこの夏ボルシア・パルクに到着する前に、ザンクト・パウリを指導しました。そして、現在のチームで、4連続勝をブンデスリーガで挙げ良いスタートを切っています。

    スタジアム

    最大54,067席ですが、ヨーロッパでの戦い時には、46,249席となるボルシア・パルクは、ドイツの多くの現代的な多用途をもつフットボール・スタジアムの1つです。

    2004年に古いスタジアムに替わり建設され、ボルシアMGの見事な雰囲気を持つ新しいホームはクラブの素晴らしい過去と有望な将来に合っています。

    1960年代中頃と1970年代初期のボルシアMGのアイコンとなる監督ヘネス・バイスバイラーの名前からつけられ、会場は、ユース・アカデミーや若い選手達が学び、ライブも行なわれます。

    スタジアムは2006年に男子ワールド・カップの会場を見送られたが、ボルシア・パルクは、2011年にの女子ワールドカップの開催地として3試合が行なわれました。

    水曜日はどうでしょう?

    セビリャ戦を3-0、マンチェスター・シティ戦を2-1とチャンピオンズ・リーグ、グループDで2敗を喫しているが、ユベントス・スタジアムでの水曜日夜の対戦でボルシアMGは、リーグ戦直近4試合で勝ち点12点を奪ったヨーロッパで最高のチームの2つとして3試合目を戦います。

    ブンデスリーガでの開幕5試合では2ゴールを見つけたが、シュバート監督就任以来ボルシアMGは15点を挙げました。

    ファーヴル監督は4-4-2に固執し、シュバート監督は僅かであるが、はるかにポジティブな変更を行い、中盤で19歳のマフムード・ダフードを起用、怪我をした、マーティン・シュトランツルが以内場合、キャプテンとして影響力を持つスイス代表のグラニト・ジャカを起用しました。
    両選手は信頼に応え、ここ数週間んで2ゴールを挙げました。

    昨年のブラジルでのワールド・カップでも活躍したMFグラニト・ジャカ(左)

    さらにフォワードは、監督の交代後復帰した、ブラジル人ストライカー、ラファエルが国内の試合で3点を奪い、同じくフォワードのラルス・シュティンドゥルと組んでいます。

    ボルシアMGは深く数で守備を行なうので、ビアンコネリは用心して攻撃をしなければなりません。グループDで3勝目を挙げる為に最善を尽くさなければならない事を、ジャカとダフードの得点に結びつくウイングのイブラヒマ・トラオレとファビアン・ジョンソンの持久力は意味しています。

    ボルシアMGがブンデスリーガで示した様に、両チームの成績は順位表と一致していないように見えます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK