12.09.2015 23:45 - in: セリエA S

    エルナネス「最先端を失います」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キエーヴォとの1-1のドローの後、Skyにエルナネスは話しました。ユベントスデビューを飾ったエルナネスはユベントス・スタジアムでの決定力の違いがあったと思っています。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの3人のホームデビュー選手のうちの1人としてスターティング11として出場したエルナネスは、活発なキエーヴォとの戦いの結果からファイナルサードでの決定力不足とチャンスの重要性を強調しました。

    「当然、勝ち点3を奪う為にここで戦ったので、私達は結果に失望しています。
    90分間で全力で戦いましたが、試合を自分たちの物にするには、冷静さが足りませんでした。
    次の火曜日にはマンチェスター・シティー戦という一つのビッグマッチがありますし、できるだけ早く得点へのタッチを再発見する必要があると理解しています。」

    ストライカーのパウロ・ディバラとアルバロ・モラタの後ろで先発出場し、クラウディオ・マルキジオが交代した後に、ユベントスの中盤のダイアモンドの先端という深い役割で戦い、ユベントスとして最初の出場を楽しんだと言いました。

    「キエーヴォは立ち上がり前のめりで試合を進め、これは自然にラインの間で僅かなスペースを与えました。
    そして試合は均衡し、私はマルキジオが下がった後、より引いてプレーしました。私はそこで落ち着くと感じました。そこは私がプレーしていたポジションです。」

    より若いチームメイトと比較し相対的な経験について尋ねられると、ユベントスの新しい背番号11は、中盤でベテランが引っ張るという事は大きな責任であると言います。

    「私が、中盤で導いていると感じますか?
    若いながらも確実に優秀な選手が我々のためにここにいます。
    私の試合で最も強い部分は精神的な強いさだと感じていて、全体として、今日私達に足りなかったのは、精神的な鋭さでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK