31.08.2015 23:30 - in: セリエA S

    エルナネス 中盤のクリエイティブ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ブラジル代表のエルナネスは、ゴールと多くのアシストで中盤に創造力を与える役割です

    ユベントスの新加入選手、センターの様々な位置からゴールを創造しすばらしい脚力を誇ります。

    レシフェで生まれ、エルナネスサンパウロFCのユースチームに所属しました。
    2005年にトップチームに昇格し、5年で18ゴール、22アシストを記録し、その間、2度のブラジル・リーグ・タイトルと、2度のシルバーボール、2008年にブラジルリーグ年間最優秀選手を獲得しました。

    南米での印象的なパフォーマンから、大西洋を渡り2010年にラツィオに加入し、平均4試合に1ゴール、全大会で156試合出場し42ゴールを記録しました。そしてトップ下から深い位置でのゲームメーカーまで広い範囲で戦い、ラツィオで22アシストも記録しました。

    エルナネスのセリエAでの中盤での活躍を他の選手と比較すると、2012/23シーズン、ローマにコッパ・イタリアで勝利したラツィオでの最後の年に1試合の平均1.68回と2倍チャンスを生み出し、ポゼッションを保持しながら平均より2倍のドリブルを成功させまいた。

    2014年1月にインテルへ移籍し、そこで、エルナネスはチームの攻撃中の動きで突出した強さを持ち続けました。
    インテルでの52試合出場で、7ゴールと10アシストを記録紙、その内の3得点は前所属チームに対してのゴールでした。

    2014/15シーズンでは、1試合平均1.92回チャンスを創り、得点の能力も示し続けました。そして、セリエAのミッドフィールダーとしてスタッツを平均の2倍でシーズンを終えました。

    2013年のコンフェデレーションズ杯でブラジル代表として優勝経験もあるエルナネスは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントスでファイナル・サードへ影響を及ぼし、ピッチ中央での創造的なプレーを監督を期待しています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK