01.10.2015 19:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      エルナネスのビッグステージ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ブラジル人のミッドフィールダーは、チャンピオンズ・リーグでの毎分を愛していると言います

      エルナネスは、チャンピオンズ・リーグでの全ての瞬間の経験を最大限に活用し、ヨーロッパのトップ競争で戦えるチャンスを物に出来ていると言います。

      既にブラジル代表としてワールドカップの経験があり、彼の経歴でメジャートーナメントで唯一出場していなかったチャンピオンズ・リーグ、2週間前のエティハド・スタジアムでのマンチェスター・シティ戦に出場し、本当の夢を叶え2-1の勝利を得ました。

      エルナネスはJtvで様々な話題を話しましたが、ヨーロッパでのセビリャ戦勝利がメインの話題でした。

      以下インタビューの引用です。

      チャンピオンズ・リーグ

      「チャンピオンズ・リーグへの道は、長くてハードなものでした。
      もし私に持続性とテクニックが無ければ出場できなかったでしょう。
      30歳の時に、ワールド・カップを既にプレーしていたが、このような時は決して来ない様に思えました。

      その代わりに、私はマンチェスターに到着し、忘れられない夜を過ごしました。
      ユベントス・スタジアムの空気は素晴らしかったし、昨晩は私達はシーズンの本当に重要な瞬間を表していました。
      私達が昨晩出来たことをし、勝利の勢いを維持出来る事を私は望みます。」

      勝利の感覚

      「勝つことは信頼を産みますが、ポジティブな瞬間とそう出ない時をコントロールする方法を学ぶ必要があります。
      イタリアのリーグは、常に世界で最もタフなリーグの1つです。
      ホームとアウェイでどのチームにも負ける事があります。私達はシーズンを再構築をするための踏み台として昨晩の試合を使います。」

      監督とチームメイト

      「私は、アッレグリ監督と非常に良い関係を持っています。彼は素晴らしい人で、私は多く信頼していますし、私は高く評価しています。
      非常に良くチームメイトと上手くやっています。しかし、ここでの1ヵ月、私はまだ、誰とでも話すことができませんでした。私は、ブラジル人とは少し話す事が出来ます。」

      憧れの選手

      「私が長年にわたって深い関係で持った人たち、特にヴァスコ、フルミネンセ、フラミンゴでプレーした左足が利き足の選手フェリペです。
      彼は私の手本ですし、私は彼の様になりたかった。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK