13.11.2015 09:30 - in: イベント S

    ヘイゼルの記憶は、ブリュッセルで守られます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジジ・ブッフォンとジョルジョ・キエッリーニは、1985年5月29日に命を失った39人の人々に敬意を表しアズーリに参加した
    Getty Images

    1985年5月29日、ヘイゼル・スタジアムでの悲劇で、命を失った39人の罪の無い人々へ敬意を表すため、ジジ・ブッフォンとジョルジョ・キエッリーニは、昨晩ユベントス・ミュージアムの館長パオロ・ガリンベルティと共にメモリアル・プラークへ献花しました。

    また、アズーリ・チーム、マリエッラ・シレア、アンドレア・ジョレンティーニそしてFIGCからカルロ・タベッキオ、CEO ミッチェラが参加し、犠牲者への追悼としてイタリア代表の背番号39番のユニフォームを掲げました。

    追悼は、イタリア代表とベルギー代表の親善試合へ続きます。チームがピッチに向かい、メッセージが放送され、39分に、各々の犠牲者の名前がスタジアムの大画面に表示されます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK