09.09.2015 10:30 - in: ほかの大会 S

      イタリアU21、勝利のスタート

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ダニエレ・ルガーニのアズーリU21は、スロベニアに勝利し、シュテファン・リヒトシュタイナーのスイスはイングランドに、マルティン・カセレスのウルグアイはコスタリカに敗北。ロベルト・ペレイラのアルゼンチンは、メキシコと引き分けました

      2017年ポーランドでのU-21欧州選手権への予選通過へ、イタリアU-21は勝利でスタートしました。
      ダニエレ・ルガーニは、試合開始から出場し、ルイジ・ディ・ビアジョ監督のチームは、1-0で既にグループリーグを勝ち点6としているスロベニアから勝利しました。

      アッズリーニは長い時間試合をコントロールしコンテストをコントロールして、フェデリーコ・ベルナルデッシの51分のゴールでリードを奪いました。
      2度ポストに当て、得点を積み重ねる可能性もあったが、最終的に勝ち点3を奪う貴重な1点となりました。

      リヒトシュタイナーのスイスはウェンブリーでグループ首位イングランドに敗れたが、自動通過枠を確保するため、グループEを2位を目指しユーロ2016予選を戦います。

      ハリー・ケインが先制し、スイスは67分反撃し続けました。
      ケインのストライカー・パートナー、ウェイン・ルーニーは試合を決定づけるPKを決め、このゴールは、3ライオンズの最多得点記録を更新する50ゴールとなりました。

      大西洋を超え、マルティン・カセレスとロベルト・ペレイラは、それぞれの代表で親善試合を戦いました。
      カセレスのウルグアイはコスタリカと戦いブライアン・ルイスのゴールで1-0で敗戦、ペレイラのアルゼンチンは辛うじてメキシコと2-2で引き分ける事に。

      2点のビハインドで試合が進む中、後半からペレイラは出場し、試合終了5分前にセルジオ・アグエロとリオネル・メッシのゴールでアルゼンチンは引き分けに追いつきました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK