01.10.2015 00:29 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    仕事を上手くこなしたアッレグリ監督

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントス監督、マッシミリアーノ・アッレグリは、まだするべき仕事が多くある事を強調し、今シーズンここまで最も素晴らしいチームのプレーを誉め称えます

    チャンピオンズ・リーグ2連勝と大会13試合ホーム無敗記録を延ばし、メディアをユベントス・スタジアムで出迎えた、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、多くのポジティブな理由を話しました。

    堅いディフェンスと、決定的な攻撃、成熟した試合コントロールで、おおくのするべき仕事が若いチームにあることを強調しつつ、ヨーロッパ・リーグ・チャンピオン、セビリャに勝利したビアンコネリのパフォーマンスを、監督は賞賛しました。

    試合後アッレグリ監督は話しました。
    「技術的にも戦術的にも選手達は上手くやりました。試合で全力を出すには時間がかかったため、我々はまだ、チームとして成長を続ける必要がある。

    しかし後半、我々は素晴らしかったし、必要時にテンポをコントロールしました。
    私にとって、これが自信に繋がり、非常に最高のレベルでの試合をコントロールする方法を学んでいるチームの最初の段階です。」

    無失点とストライカーからの2得点が、今夜の完璧なパフォーマンでここまでのシーズンで最高の1つであると、監督は述べます。

    特に若いフォワードを賞賛し、アッレグリ監督は、短い間だけでなく将来何年もチャンピオンズ・リーグでユベントスが躍進できると確信しています。

    「私は、チームのプレーのあらゆる部分を喜びました。1-0の後の試合でリードを奪いに行きたいと本当の欲望を示しました。

    我々はチームとして印象的に共に戦いましたし、(アルバロ)モラタと(パウロ)ディバラという我々を引っ張る2人の若いストライカーのプレーを忘れられません。
    この2人が我々のチームにいる事が、戦いの中で非常に明るい将来です。」

    全てにおいて、監督にとってヨーロッパでの戦いで満足90分は、若いチームが学ぶレッスンとなり、ハードワークはここで終わりません。

    「私は、安心して自分自身と選手が今シーズンの勝利の軌道に戻れる事を信頼しています。
    重要なことは、選手達が悪いパフォーマンスから学び、個人としてもチームとしても成長し続けるという事です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK