24.07.2015 10:30 - in: チーム S

      1923年7月24日に、アニェリ遺産が始まります

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      1923年のこの日に、エドアルド・アニェリはユベントスの会長になりました。そして、フィールドの内外で92年も続く成功が始まります

      現在のユベントスの会長アンドレア・アニェリの祖父エドアルド・アニェリがトリノ・クラブの会長に昇任したことは、92年前の今日です。

      彼は4人のアニェリの最初の男であり、ユベントスを監督した12年はユベントスの歴史だけでないくイタリア・フットボールの歴史でも最も成功した時代の1つです。

      1931~1935年で5年連続スクデットを獲得し、1930年代のイタリア・フットボールを支配した有名なクインクェンニオは、エドアルドの在任期間の輝きでした。

      選手達、例えばレイムンド・オルシ、ルイ・モンティとフェリース・ボレルが出場し、ユーヴェは繰り返し偉業を達成し、1934年のイタリア・ワールドカップでイタリア代表が優勝するコアを形成しました。

      新しい会長を発表を伝える1923年7月号のHurra Juventus誌

      運命として、彼は名誉会長に氏名され、アニェリ家フィアット帝国を相続し、彼は有名になり、相続させるものを創り出したユベントスからフットボールに対するエドアルドの情熱が確実になり、彼の導きでユベントスは、1923年にプロ化した最初のイタリアのチームになりました。

      経験が豊富で、文化となり、彼の仕事に専念し、ユベントスがヨーロッパのフットボールの原動力の一つになる土台を作り、アニェリとユベントスは天国で一致しました。

      それは、ジェノバ生まれの実業家の展望、革新で、イタリアの試合を制覇し、イタリアの歴史上最も多く優勝したチームとして確立したユベントスへ刺激を与えました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK