10.12.2015 16:00 - in: メンバー S

      ジュニア・ジャーナリスト、ジジと記者会見

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジジ・ブッフォンは、ヴィノーヴォで18人の新進ビアンコネリ・リポーターと記者会見を開いた

      ジジ・ブッフォンは、記者会見に慣れています。チームのチャンピオンズ・リーグ、セビージャ戦のわずか3日後に、ユベントスのキャプテンは、ヴィノーヴォで「ジュニア・レポーター」に選ばれた18人のジュニアメンバーの質問に答えました。

      幼い頃の趣味と抱負、最終的に引退後の計画と彼の最も輝かしい業績など、クラブのメディア・センターに集まった若いジャーナリストの質問、ビュフォン答え続けました。

      どんな騒ぎ無しに、ブッフォンはストライカーがどこに撃つか見分ける方法というゴールキーパーの仕事で非常に大切な面について答えました。

      言うまでもなく、ユーヴェのキャプテンは、冷静に技術的な問題に取り組みました。

      始めに相手フォワードのシュート予測の方法を説明し、次に、セリエAで最初のPKストップとなった、1996年のパルマ時代、ウディネーゼ戦のオリバー・ビアホフのPKストップについて振り返りました。

      ピッチでは、ミスで泣かず問題を自己分析し失敗の理由を細かく調べるとブッフォンは認めました。

      そして、たまにゴールキーパーでありながらも勝ちたい気持ちでこうあるようです。

      ブッフォンは、始まりを振り返り、12歳までゴールキーパーではなかった事を明らかにしました。

      ユーヴェのキャプテンは、他のスポーツをプレーし自身を形成し、少年時代にプロのフットボール・プレイヤーへのトレーニングの間にバスケット・ボールから成長しテニスをプレーしていた。

      体育教師は常にブッフォンの夢の仕事で、柔軟性と準備に関して決して不足しておらず、常にバックアップ・オプションがありました。
      要するに、彼がプロとして成功したかどうかにかかわらず、アスリートの家族から出ている事は常にキャリアの進行を刺激します。

      20年トップレベルでプレーし、プレー時間の3分の2はヴィノーヴォに出席した子供たちの産まれる前の話です。

      最も誇らしい瞬間?あなたの想像通り、欠けることのなり業績がありました。
      数えられたのは、以下の通りです。パルマでのセリエAでデビュー、最初のアズーリでの出場、初めてのリーグ・タイトルとビアンコネリでの4連続スクデットです。

      最後に引退した後の将来を尋ねら、どんな事が出来るか解らないが、ブッフォンはフットボールに関係した事をしたいという願望を強調しました。

      ピッチの上で頑ななシュート・ストッパー、オフでの愛情深い父親、ユーヴェのキャプテンは会見の終わりに、全てのどんな親の責任がフットボールの分野の無効へ伸びていると証明しました。

      そして、この最後の言葉でブッフォンは文字通り締めました。そして、出席している、全員に記念としてポスター、ユニフォーム、ボールにサインを書きました。

      小さなビアンコネリ・ジャーナリストのために、ジュニア・メンバーシップは、コンテストに参加し選手達へ質問するチャンスを持つ事が出来ます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK