08.09.2015 22:30 - in: チャリティー/CSR S

      ユネスコ・カップ、ユーヴェ・レジェンズ対ボカ・レジェンズ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス・スタジアムで今夜の忘れられないチャリティマッチで、両クラブのレジェンズが戦いました

      ユベントスとボカ・ジュニアーズのレジェンズ達は、第2回ユネスコ・カップで多くのエンターテイメントを提供しました。

      マリと中央アフリカ共和国の紛争の影響を受けた元子供兵への社会的なサポートへ、チャリティマッチの売上げを寄付する事、両チームは行なわれる理由、出来事の精神を受け入れ、憧れの選手達が神聖なユベントス・スタジアムのピッチでのプレーを目撃したという幸せな記憶とともにサポーターは去りました。

      最終的に勝利したのは、ボカ・ジュニアーズでした。両チーム1ゴールずつ得点を上げ試合終了の笛がなると、ペナルティキック4-2でボカが勝利。

      ボカ・ジュニアーズの歴代最高得点者のマルティン・パレルモは、開始8分で攻撃力の脅威を思い出させるプレー、左足でゴール隅へ強烈なシュートを放ちました。

      しかし、ステファノ・タッコーニはこの危機を防ぎます。素早い反応でボールをグローブで止め枠の外に弾きコーナーキックとしました。

      試合開始立ち上がろボカの攻撃は続き、脅威を与えます。クラウディオ・カニーヒアは、右から切れ込む前に、左サイドからのスルーパスを受けシュートを放つも、ボールはファーポストの外へ。

      元ミランとインテルのミッドフィールダー、アンドレス・グリエルミンピエトロが、コーナーからゴールを決め、ボカが貴重な先制点を奪い試合をリードします。

      前半の終盤、ユベントスは、ゴールを奪うため、力強くプレスを仕掛けます。そしてダビド・トレゼゲがヘディングを放つもゴールならず。

      また、勢いのあるマウロ・カモラネージは、角度のない所からシュートを放つも、ロベルト・アボンダンシェリがこれをセーブし、前半を1-0とボカがリードし折り返しました。

      ユベントスは、後半に入ると果敢に攻撃し、47分にユベントス・レジェンズ会長自らのゴールで同点に追いつきます。

      カモラネージがエリア右で、パベル・ネドベドと連動して動き、ネドベドのクロスをトレゲゼが中央でゴールに突き刺し、ユベントス・サポーターを熱狂させます。

      2分後に、ジャンルカ・ペソットはトト・スキラッチを前線に投入し、スキラッチはシュートを放つも、アボンダンシェリがこれをセーブ

      全てのユベントスの前線での動きの中心に、これまでハードワークを繰り返たネドベドのエネルギッシュなプレーがありました。

      後半、交代出場のニコラ・アモルーゾがユベントス逆転のチャンスを掴みます。得点を挙げたかと思われるも、アボンダンシェリが再び窮地を救いPK戦へ持ち込みます。

      アモルーゾとアンジェロ・アレッシオがPK戦を成功させるも、ボカのキッカーは全員が成功し、ボカ・ジュニアーズがこの試合を制しました。

      試合後、ボカのキャプテン、パレルモへトロフィーを贈呈する前に、ユネスコのエリック・ファルトが、フットボールに重要な社会的価値のある役割を含んでいると話しました。

      両チームのスポーツマンシップとリスペクトは、ユネスコの中心にある道徳精神を完全に表しました。

      そして、スポーツでの社会的バリアを壊す国連機関とユベントスの共同の努力から、この精神は支持され続けます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK