13.12.2015 23:22 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、フィオレンティーナに逆転勝利

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜日夕方のユベントス・スタジアムでのフィオレンティーナ戦、フアン・クアドラード、マリオ・マンジュキッチ、パウロ・ディバラによるゴールで、ビアンコネリは、逆転勝利を挙げます。

      この夜の試合には、首位との差を埋めるチャンスがあり、ビアンコネリは見事にこれに答えました。開始早々に失点を許した物の、フアン・クアドラード、マリオ・マンジュキッチ、パウロ・ディバラのゴールで、ユベントス・スタジアムでのフィオレンティーナとの対戦で5勝目を記録しセリエAの順位を4位まで上げる事となった。

      ジョルジョ・キエッリーニがボックス内でフェデリコ・ベルナルデスキを倒したとのジャッジで判決されヨシップ・イリチッチが今シーズン6度目となるPKを成功させ、爆発的な試合立ち上がりは3分でフィオレンティーナが先制点を挙げリードします。

      しかし、ビアンコネリが同点に追いつくまで長くはかかりません。クアドラードが数分後にパトリス・エヴラのクロスから古巣相手へ同てゴールをヘディングで入れます。

      ディバラは20分に相手キーパーチプリアン・タタルシャヌに数回セーブを強いたが、決定期はハーフタイムまでにどちらのチームにも殆ど訪れませんでした。

      アドバンテージを得るチャンスは、後半に更に短い期間に訪れます。しかし最終的にマンジュキッチとディバラの12分間の電撃的なゴールがこの試合の決着になり、ユベントスはヴィオラに対しセリエAで71回目の勝利を祝う事になり、首位インテルへ勝ち点差を6点と縮めました。

      フィオレンティーナはセリエAで最多得点チームとしてこの試合に臨み、合計30ゴールのうち6点をペナルティーキックを成功させており、3分という速い時間帯にキエッリーニがボックス内でベルナルデスキを倒した時に、7本中7本の成功を作ります。ゴール・ライン・オフィシャルの意見を聞いた後、レフェリーのダニエル・オルサトがPKの判定、そしてイリチッチがミスする事無く先制点を挙げた。

      しかし、丁度3分後にこの失点をユベントスは取り戻します。エヴラが左サイドからブルドアップし、驚異的なクロスを中へ放つとクアドラードがループ性のヘディングでタタルシャヌの上から同点ゴールを奪いました。

      ゴールはビアンコネリの攻撃のきっかけとなり、14分にはディバラがリードを広げる可能性もあったが、タタルシャヌがディバラの正面に撃たれたシュートを最終的に軽く止めました。

      ルーマニア人のキーパーは10分後のディバラの続く攻撃にもより気を配らなかればいけなかった、ディバラは選手の海からシュートを放つも、フィオレンティーナの守備陣からスマートにゴールを守った。

      パウロ・ソウザ監督のチームは今シーズンのチームの多くの特徴を表す高いポゼッションを試合で誇りました。(ハーフタイム前に59.9%の保持率)しかし、ユベントスのバックラインを通過し前半にジジ・ブッフォンを煩わせる事が出来ませんでした。

      確実にユベントスは、前進し大きな脅威をもたらすもヴィオラは、数本のアシストとなるエヴラが放つのクロスに脅かされる事はありませんでした。

      それでも、ポール・ポグバとレオナルド・ボヌッチは、外れた物のロング・シュートを放ちリードする明確なチャンスを手にしつつありました。一方フィオレンティーナは、ハーフタイム前にゴールへのシュートは1本となった。

      後半も似た様なパターンで試合は進みます、フィオレンティーナがしつこくパスを丁寧につなぎ、ビアンコネリはもう一度良いゴール機会を持ちます。

      丁度均衡した60分に、ディバラはエヴラのボールを捉え、ボックス内でシュートを撃つもタタルシャヌのゴールの外へ外れます。

      ユーヴェがフィオレンティーナを押し始め、70分にはディバラのフリーキックからの絶妙なパスをマンジュキッチが頭で合わせるも抑える事は出来ませんでした。

      しかし、10分後にマンジュキッチが、直近の6試合4得点目を奪うクオリティの全てを示し、セレブレーションします。

      このプレーは、ポグバからの鋭いディバラへのパスから始まりました。タタルシャヌがなんとかディバラのタッチをブロックすることができたが、このルーズボールを最初にマンジュキッチが広いそのままネットへボールを突き刺しました。

      ユーヴェは、更に3点目に迫ります。ヴィオラのキーパーは1分後にステファノ・ストゥラーロのヘディングを防いだ。

      そして、ディバラがアディショナル・タイム2分で素晴らしい個人技からフィオレンティーナ守備陣を追い抜きタタルシャヌからゴールを挙げ、ビアンコネリ全員の歓喜させるトリガーとなった。

      この勝利は、ビアンコネリの勝ち点を30点に積み上げセリエA首位インテルにまで6点差、ソウザ監督のチームまで2点差の4位まで順位を上げました。

      ユベントス
      ブッフォン; バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ; クアドラード, ケディラ (62’ ストゥラーロ), マルキジオ, ポグバ, エヴラ (77’ アレックス・サンドロ); ディバラ, マンジュキッチ (86’モラタ).
      未出場控え: ネト, ルビーニョ, カセレス, ルガーニ, リヒトシュタイナー, パドイン, ヴィターレ, ザザ.
      監督: アッレグリ

      フィオレンティーナ
      タタルシャヌ; トモヴィッチ, ロドリゲス, アストーリ; ベルナルデスキ, バデリ, ベシーノ (86’ ロッシ), ボルハ・バレロ (85’ パスクアル); ボルハ・バレロ, イリチッチ (86’ マティアス・フェルナンデス; カリニッチ.
      未出場控え: セーペ, レッツェリーニ, ロンカリア,  マリオ・スアレス, ジウベルト, ベルドゥ, レビッチ, ババカル
      監督: ソウザ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK