23.09.2015 23:10 - in: マッチレポート S

      ユベントス、フロジノーネに終了間際に同点を許す

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      シモーネ・ザザのユベントスでの初得点もアディショナルタイムのレオナルド・ブランシャールの同点弾で、ユベントス・スタジアムでの戦いは1-1のドロー

      50分のシモーネ・ザザの新食えアブでの初ゴールとなる先制点がマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームを公式戦3連勝へ導くかの様に見えたがレオナルド・ブランシャールのアディショナルタイムでの同点弾でユベントス・スタジアムでの戦いは1-1の同点となりました。

      直近のマンチェスターとジェノアとの戦いで勝利を挙げた4-3-3のフォーメションで戦い、ユベントスは、調子の良い立ち上がりで素早くゴールへの決定機に近づきました。

      しかし、前半の優位なポゼッション65%という試合運びでフロジノーネの5本に対して13本というシュート数があったものの、相手ゴールキーパーでビアンコネリからレンタル移籍のニコラ・レアーリを脅かす事は出来ず、ゴールはセーブされ、ポール・ポグバのクロスバーに当てた41分のヘディングシュートが最も得点のにおいのあるプレーでした。

      後半開始5分でザザのシュートがレオナルド・ブランシャールに当たりこれがゴール。マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは先制点を取りリードします。

      そこから、ユベントスは、リードを広げるため、一貫してゴールを狙い、6度シュートを放つも、フロジノーネの重要な任務として22歳のレアリの見事なプレーでゴールを割る事が出来ませんでした。

      そして、ブランシャールはコーナーからアディショナルタイム2分に同点弾を放ち、フロジノーネに今シーズン、そしてクラブ史上セリエAで初の勝ち点を手渡しました。

      試合立ち上がり、フアン・クアドラードが献身的に動きます。初めに、シュテファン・リヒトシュタイナーの丁寧なクロスをボックスで受けるとザザに到達する前にクアドラードがビアンコネリにとって最初のシュートを放ちました。

      12分にクアドラードがゴールを奪う為にブランシャールのミスを利用するも、ゴールを奪う事はできませんでした。

      ポール・ポグバの素晴らしいシュートは、クロスバーを超え、クアドラードは、再びゴール至近距離から強力なシュートもボールはサイドネットへ、先制点に最も近づきました。

      そして、レアリのゴールが多く襲われた時間帯、ロベルト・ペレイラの正確なクロスからザザがバイシクルシュートを放つもゴール枠を捉える事は出来ません。

      30分には、ニコラス・カスティージョのシュートがユベントス・デビューとなったネトを襲い、ユベントスは優位に進める試合での油断を感じさせました。

      ピッチの反対側では、左サイドで絶え間なく脅威となっていたアレックス・サンドロがステーファノ・ストゥラーロにクロスを放ち、ストゥラーロが頭で合わせるもゴールを奪う事は出来ず。

      41分に、ポグバがペレイラのインスウィングのクロスから、打点の高いヘディング・シュートを放つもクロスバー直撃。ユーヴェからレンタル移籍中のレアリからゴールを奪う事ができません。

      後半開始、アッレグリ監督は、ストゥラーロとリヒトシュタイナーを下げ、パウロ・ディバラとジョルジョ・キエッリーニをを投入します。リヒトシュタイナーは、インターバルで接触からの呼吸困難を訴えたため診察を行なう事に。

      開始2分でペナルティー・エリアの外からの鋭いシュートをディバラが放ち、レアリにセーブを強要します。

      ユベントスは、攻撃を進め、ザザがユベントスでの最初のゴールへのプレーを続けます。48分にザザはループ気味のヘディングシュートを放つもクロスバーへ直撃。

      しかし、2分後に、ザザはユベントスでの初ゴールとこの試合の均衡を破るゴールをブランシャールに当てて奪いました。

      リードを広げるチャンスは少なくありませんでした。
      レアリは、ザザの2得点目を防ぎ、クアドラードのボックス外からのシュートも防いだ。

      2012年にユベントスに保有された22歳のレアリはレオナルド・ボヌッチの印象的な低いドライブシュートもブロックし、シュートストップのクオリティを示しました。

      もう一人のディフェンダーもゴールを狙い、ボヌッチの素晴らしいクロスからキエッリーニがヘディングシュートを放つもゴールの外へ、ペレイラのシュートゴールに繋がりません。

      ユベントスは、決定機を物に出来ず、不運にもブランシャールがフロジノーネにとって2得点目であるゴールをアディショナルタイムにコーナキックから挙げ、彼らにって2015/16シーズン最初の勝ち点を分け合いました。

      ユベントスはナポリへの土曜日のアウェイ戦を次のリーグ戦を戦い勝ちへの復帰を目指し、そこで、アッレグリ監督は、ファイナルサードでの決定的なパフォーマンスを望みます。

      ユベントス
      ネト; リヒトシュタイナー (キエッリーニ 45), ボヌッチ, バルツァッリ, アレックス・サンドロ; ストゥラーロ (ディバラ 45), レミナ, ポグバ; クアドラード, ザザ (エルナネス 77), ペレイラ
      サブスティチュート: ブッフォン, アウデーロ, ルガーニ, エヴラ, パドイン, ファヴィッリ
      監督: アッレグリ

      フロジノーネ
      レアリ; M.チョファーニ (ロージ 83), ディアキテ, ブランカルド, クリヴェッロ; フラーラ, ゴーリ, チブサー (トネフ 71), ソッディーモ; D.チョファーニ, カスティージョ (ディオニージ 85).
      サブスティチュート: ザッピーノ, ゴミス, ヴェルデ, パヴロヴィッチ, ルッソ, ベルトンチーニ, パガニーニ, サンマルコ, カルリーニ
      監督: ステッローネ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK