10.12.2015 00:09 - in: チャリティー/CSR S

      ユベントスと#HumanRightsDay

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クラブはすべての形で、そして1948年の世界人権宣言へ強い支持をし人種差別に対してのスタンスを再び主張します

      1948年12月10日のパリでの国連総会で世界人権宣言は承認され同意された。同じくパリで今年の11月27日に、ユベントス会長アンドレア・アニェリは、全ての人種差別と戦うクラブの任務を明白に示しました。

      ユベントスは、差別に関連した記事7に対する特別な注意と画期的な宣言の今日の記念日を祝います。

      「全ては法律の前に等しく法律の平等の保護に、どんな差別も無いと題されいます。全員がこの宣言に違反し差別をそそのかす行為に対し、どんな差別に対しても平等な保護を受ける事が出来ます。」

      これはこの言葉の精神です。そして、フットボールにおいて人種主義に取り組むトリノのクラブのモチベーションに導き第二次世界大戦の余波で国連によって不滅になります。

      ごく最近、最も大きな出来事としてインターナショナル・フットボールにおいてのレイシズムと差別についての初めての「色?何の色?」と題されたレポートが作成されユベントスとユネスコが協同で証明し発表されました。

      フットボールは、もっぱら支持者を教育する必要がある社会的な活動ではありません。強力な教育のツーツとして属性も有しています。
      その人気は、参加のしやすさとシンプルさがあり、市民教育のための潜在的な教室に各ピッチとスタジアムが使われます。

      「色?何の色?」pp12

      アニェリ会長が強調するように、ユーヴェはこの価値を採用し、スポーツにおいてのレイシズムに関する率直な議論において他のクラブが加わるのを奨励を目的とし、レポートで例示されるテーマの範囲と認識を最大にするよう努めます。

      これは、私達がクラブとして、世界人権デーを守り、1948年での国連の宣言によって祝われる平等が今日だけでなく毎日行なわれる事を確実にする方法です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK