20.10.2015 20:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ケディラは、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦に自信を持っています

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリ、ミッドフィールダー、サミ・ケディラは、インテル戦で、新しい環境がくつろげると感じ、最近の様子と勿論ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦について、ユベントス・スタジアムでのチャンピオンズ・リーグ前記者会見で話しました

      サミ・ケディラは、昨年の夏ユベントスの選手に加わり、7月の公式入団会見から、ボローニャ戦での最初のゴール、日曜日のサン・シーロでの素晴らしい中盤での動きなど様々な点を見ました。

      ボルシアとの明日の夜のチャンピオンズリーグ

      ボルシア・メンヒェングラートバッハとの明日の夜のチャンピオンズ・リーグでの対戦前の会見に申し出たケディラは、ユベントス・スタジアムでジャーナリストのレアル・マドリッドからユベントスへの移籍後の様子が注目された。

      ビアンコネリ・ファンの調べは、水曜日のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦だけでなく、残りのシーズンにも届きます。

      ケディラは話しました
      「フィジカルの調子が酔いです。私達には素晴らしいチーム・スタッフとメディカル・スタッフがいますし、私は移籍当初から彼らにとても助けられました。
      私は、チームと新しい環境に慣れ、ここトリノでくつろいでいると本当に感じています。

      チームとしては、シーズン当初の厳しい立ち上がりから良く調和し始めています。
      私達にはここ数週間で2、3の怪我がありましたが、現在、私達全員は、僅かに形を見つけ始めて、同時に戦術的により柔軟になっています。
      多くの試合がありますが、我々は続けるだけです。」

      ケディラへ、「彼のポジションでは、ヨーロッパでベストの選手の一人」と彼の新しい監督であるマッシミリアーノ・アッレーグリに従い、ミラノでの週末の対戦でビアンコネリは良いチーム・パフォーマンスを発生させ、そのような事が解りました。

      「インテルに対し非常に組織的に戦いました。長い間快適に戦ったように見えましたし、特に後半にはゲームを支配しました。
      当然のことながら、ゴール前ではより落ち着くべきでしたが、チーム全体としては、絶えず成長し、互いから学んでいます。」

      挑戦に対するケディラ注意を先に、同じ様なパフォーマンスを水曜日の夕方にユベントス・スタジアムのライトの下で近いうち行なわれると、ビアンコネリの背番号6は確信しました。

      「私達は、チャンピオンズ・リーグで少し優れた能力を発揮したし、自分たちの為に明日、最も重要な事は、この夜に同じレベルをキープ出来る事です。

      ボルシアは危険です、持久力とエネルギーでプレーする驚異的なチームです。
      しかし、ホームでのたいせんし。私達は強さを知っていますし、ヨーロッパで良いフォームを維持できることを確信しています。」

      故郷のチームと戦う事は?

      「ドイツのチーム相手に対戦することは常に面白い経験です、しかし、最終的に勝ち点3点を奪うために上手くやるという、目的は同じ事です。」

      いつも通りのサミ・ケディラの仕事です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK