24.09.2015 16:30 - in: セリエA S

      レミナ「間違いから学ぶ必要がある。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・レミナは、今季ユベントスで行なう大きな試みへの貢献へどのように完全に集中するかについて、水曜日の引き分けの失望について、Jtvに話しました。

      ビアンコネリがフロジノーネにアディショナルタイムで同点に追いつかれた事を認め、そこから学び直ぐに反省するひつようがあると、マリオ・レミナは強調しました。

      マルセイユから夏の移籍で加入したレミナは、新しいクラブでの最初の90分、ジェノア戦での印象的なパフォーマンスに続き、水曜日の引き分けた試合にも出場し、ユベントスの優勢な試合運びで役割を果たし、ピッチ上で誰よりも多い77本のパスを成功させました。

      しかし、今シーズンの目標を達成する為に、最近の間違いに対し注意し正しくある必要があるとレミナは思っています。

      Jtvにレミナは話しました。「今シーズンここまで多くの勝ち点を落としたという事実を私達は理解しています。
      これは真実です、多くの新加入選手が居るが、私達は最近の間違いから学び土壇場の失点を許す事を避ける必要があります。」

      「全員が、自分の立場をハッキリさせる必要があります。特にポゼッションを取り戻し、相手フォワードを止めるという事から、私はボールを保持しプレーのスピードを上げ、試合中のフィジカルの争いを常に観ています。」

      セリエAが2試合消化し、移籍ウィンドウの最終日に加入してからレミナは新しい環境に早く適応しました。

      特に、成長するには重要な位置を締め不可欠である言葉の面でチームにパトリス・エヴラとポール・ポグバがいることをレミナは感謝しました。

      そして、個人としても全体でも今シーズンを成功させるという野心を明らかにし、ユベントスに貢献する事の喜びを元フランスU21代表は繰り返し喜びを伝えました。

      「パトリスとポーツは、多くの事で私を助けてくれました。彼らは良いアドバイスをくれ、私の解らない事を翻訳してくれました。
      私はディフェンスの前という重要なポジションでプレーし、油断せず集中する必要があります。監督は、私がチームにできるだけ早くとけ込む事を望みます。私がチームで「見失う」ことを望まないので、監督は沢山私に話をしてくれます。

      夏の親善試合でユベントスと対戦した後に、現在私はここにいますが、長期的にここにいれる事を望む事は、決して想像しませんでした。
      加入した時に見たものに非常に感動しました。イタリアで最も大きいクラブですし、時代を通じていくつものタイトルを獲得した選手がいます。
      このチームで重要な目標を達成するために一生懸命にプレーすることに、私は集中します。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK