18.12.2015 16:00 - in: セリエA S

    リヒトシュタイナー「緩まないこと」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスの日曜日カルピ戦へ、アクセルを踏み込む必要があるとリヒトシュタイナーは主張「私達は、急いでプレーし、勝ち点を取りこぼす余裕はありません。」

    日曜昼、カレンダーで最後の対戦へスタディオ・アルベルト・ブラーリアへ向かう時、ビアンコネリがカルピを油断してはいけないとシュテファン・リヒトシュタイナーは言います。

    昨シーズンの終わりにクラブ史上初めてセリエAに昇格したカルピは、セリエアでの戦いが厳しいと理解しており、順位を下から2番目に着けています。

    ですがカルピは、今シーズン大きなパフォーマンスを混ぜ合わせる能力を示し、週半ばのコッパ・イタリア、フィオレンティーナ戦で最大限の努力とチャンスとなる鍵を示した。

    それを踏まえ、ユベントスは2015年をスタイリッシュに勝ち点3点で終われる事は当然の事としては思わないとリヒトシュタイナーは主張します。

    Skyスポーツにリヒトシュタイナーは話しました。「私達にはセリエA7連勝の機会ですが、カルピはナポリから勝ち点を奪い、カップ戦でフィオレンティーナを手こずらせました。私達が忘れてはいけないのは、潜在的に油断しないという事です。」

    もう一つ潜在的に試合が通常と違う12:30(CET)というキックオフの時間です、しかし、シュテファンはビアンコネリの勝ち点の必要性と経験の違いはモデナで言い訳が出来ないと言います。

    「毎試合備える必要があります。私達は夜にプレーする事に慣れています、キックオフの時間は我々に有利に働きません、しかし、上へ急ぎ、自分自身が勝ち点を落とすのを許すことはできません。
    私達は全員プロですから、このシナリオに対処することができます。私は心配しません。」

    日曜日に2011/12シーズン、ユベントスの4年連続スクデットの最初の優勝に貢献したレンタル契約でお馴染みのマルコ・ボリエッロと対戦が予想されます。

    彼の影響は、リヒトシュタイナーから賞賛を得ました。トリノでのボリエッロの5ヵ月間の労働観を誉めました。

    「わずか4、5ヵ月しか一緒にプレーしませんでしたが、彼はプレーの旅に大きな貢献をした最高の選手です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK