27.11.2015 15:41 - in: セリエA S

    リヒトシュタイナー「タフ」なパレルモ戦をプレビュー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スイス人サイドバック、シュテファン・リヒトシュタイナーは、サイドラインでの傍観を反省し、チャンピオンズ・リーグと日曜日の「タフ」なパレルモ戦を取り上げます

    おそらく、シュテファン・リヒトシュタイナーの復帰と、ビアンコネリが、4試合無敗、エンポリ戦、ミラン戦そしてマンチェスター・シティ戦の勝利は、偶然にも一致しています。

    ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦の同点ゴールというドイツでの素晴らしい貢献と、2,3週間前のトスカーナでのユーヴェの3点目を挙げたリヒトシュタイナーのチームへの疑う余地のない影響は、現在のユベントスの印象的なフォームの最もな原因です。

    今日の午後、Skyのカメラに話し、シュテファンは、9月末の心臓手術の後、最大の調子に戻ることは言うまでもなく、再びプレーできるか、自身にさえ明確に解らなかったと言いました。

    「私には大変な時期であったと、再びプレー出来るとは、自分でも解りませんでした。幸運にも、プロセスは素早く、すぐに楽になりましたし、非常に速くトレーニングに復帰することができました。

    フィールドを離れて、私は友人であり父であり夫でもあるので、当然レポートを聞いた時、私には懸念がありました、しかし、医療スタッフに対する私の信頼は少しもブレませんでした。
    特に、ファン以外にも他のチームからもメッセージを受け、私は本当に感動しました。」

    注意をフットボールの話題に向け、リヒトシュタイナーは、ここ数週間のチームメイトが示す戦術的な柔軟性で、ビアンコネリのチャンピオンズ・リーグ進行に喜んだと続けました。

    「我々は、たとえ最も厳しいものだとしてもチャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージで見事に戦いました。

    最高のシステム? 9月にエティハド・スタジアムでマンチェスター・シティに対し4バックで勝った後、なんとか水曜日には3バックで勝つ事が出来ました。
    このチームはどんなフォーメーションでも適応することができますし、これは自分たちにとって本当にプラスです。」

    そして、日曜日のパレルモ戦に関しては?

    「挑戦的な開場で厳しい試合を予想していますが、私達は、がここ数週間での行なった、強いパフォーマンスを示す事を、我々は確認します。

    タイトルに関しては、信じる事を止めず、私達が奪えるだけ勝ち点を今からクリスマスまでの間で奪い、私達がどうなるか見ていてください。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK