29.07.2015 19:30 - in: 親善試合 S

      マンジュキッチは、ポーランドで土壇場で勝利を運びます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・マンジュキッチのプレ・シーズン・フレンドリー・マッチ、レヒア・グダンスク戦での土壇場でのゴールでユベントスは2-1で勝利

      マリオ・マンジュキッチの土壇場のゴールは、PGEアリーナでのレヒア・グダンスクとの接戦で2-1の勝利に導きました。

      ポール・ポグバが開始4分後にポール・ディバラのコーナからヘディングで合わせ先制すると、ユベントスは理想的な試合開始を迎えます。
      ハーフタイム直前にレヒアの同点弾はポストに直撃し、ユベントスはリードでハーフタイムを迎えました。

      ドルトムント戦と比べ、相手チームがファーストチームのレギュラーで戦いに挑むもマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、後半数人の若手選手をテストに使いました。

      アダム・バックザのゴールでレヒアが同点弾を奪い、そして、90分過ぎにマンジュキッチが近距離で決勝点を奪い試合終了となりました。

      アッレグリの選手達が狙い通りの試合開始と先制点を決める前に、緑と白のラインナップは、4-2-3-1のフォーメーションで高度なエリアでのポゼッションを楽しみました。

      ドルトムント戦で危険なボールを供給出来るという発見があったディバラはコーナーキックをスウィングし、ポグバが反応しました。
      マークを簡単に外し、ポグバは完璧なヘディングシュートを放ちました。そして先制点を奪いました。

      この瞬間の後に、リードを2点に広げるユベントスのチャンスに再びディバラが関わりました。ディバラはシモーネ・ザザに洗練されたスルーパスを放つもザザはバランスを失いゴールに繋ぐ事が出来ませんでした。

      アッレグリ監督は開始8分で最初の選手交代を強いられました。ジョルジョ・キエッリーニをマーティン・カセレスと入れ替えます。

      この点において、ユベントスは試合をゆっくり進めます。そして、ピンポイントでパスを繋ぎポゼッションし続けました。
      ディバラは巧みにボールをさばき続け上手くシュテファン・リヒトシュタイナーの右サイドへ繋ぐもレヒアの守備陣にボールを奪われます。

      21分に、バジリックは18ヤードの稲妻の様なポグバのシュートをこの試合最初のセーブを強いられました、そしてこの瞬間の後にも再びゴールを守る必要がありました。ステファノ・ストゥラーロは巧みにボールを前へ進め、驚いたルディニルソン・シルヴァによってディバラのパスが通り、ディバラのシュートは相手キーパーに止められました。

      ボールを保持することが中々出来なかった30分を経過したあたりから、レヒアはようやく、ジジ・ブッフォンのゴールを脅かします。
      アダム・ジヴィガワのロングシュートを放ち、39分には更に近い所からアダム・ジヴィガワがシュートを放ち、ポストに当てます。

      疑いなく前半最大のピンチを耐えぬいて、ユベントスはふさわしい1-0のリードとともにハーフタイムにロッカールームに戻りました。

      後半開始、49分には交代で入ったパトリス・エヴラのからかうようなクロスがレヒア守備陣に混乱を引き起こし、交代で入ったゴールキーパー・マテウシュ・ボンクの反応でオウンゴールには至りませんでした。

      反対に、ネトは2,3のピンチを防ぎます。そして、それぞれマイケル・マックとマチェイ・マクスチェスキそれぞれの激しいドライブをセーブしました。

      アッレグリ監督がユベントスのユース・アカデミーのメンバーにファーストチームでのチャンスを与えたので、アルベルト・チェッリはこの試合を物にすることに最も熱心に見えました。
      73分に、19才の元パルマのチェッリは悪意に満ちたシュートを打つ前にレヒアのディフェンダーを抜去るもボンクによってセーブされます。

      一方レヒアは、数人のファーストチームのレギュラーを出場させていて、次第に存在感を表し始めました。
      選手の変化が、最終結果に衝撃を与えます。
      82分に、アダム・バックザとブルーノ・ナザリオのシュートを忙しくネトはセーブしゴールを割らせません。

      同点で終わりそうなこの試合に、マンジュキッチが決着をつけました。
      ローマン・マチェクからボールを捉えて、マンジュキッチがボンクの前でボールを押し込みました。

      次週のスーパーカップ決勝前の最終的なトレーニングのためにフランスへ旅立つとき、アッレグリの選手達はシーズン前の彼らの最初の成功見ます。そして、オリンピック・デ・マルセーユと土曜日の夕方に対戦します。

      ユベントス: ブッフォン(ネト 57), ルガーニ, ボヌッチ(クレメンザ 45), キエッリーニ(カセレス 9, パロディ 66), リヒトシュタイナー(エヴラ 45), ストゥラーロ(テッロ 75), ポグバ(マルキジオ 45), パドイン(マチェク 83), ケディラ(ヴィターレ 64), ディバラ(モラタ 45, チェッリ 71), ザザ (マンジュキッチ 45)

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK