19.09.2015 13:30 - in: セリエA S

    マラッシでの多くのゴール

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    歴史的にタフな会場、ジェノアとのマラッシでの対戦でユベントスは、複数得点で忘れられない対戦をしています

    マラッシとして知られる、ルイジ・フェッラーリスは、ビアンコネリの歴史上で特別な場所になっています。
    4ヵ月半前、ジェノアのダービー・ライバル、サンプドリアに対しマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、4年連続イタリア・チャンピオンに輝きました。

    ユベントスのジェノアからの最後の勝利は、2014年3月16日です。アンドレア・ピルロが89分にトレードマークのフリーキックを決め、勝点3を奪い、アウェイ48試合で20勝を挙げ、ユベントスは一試合平均1.58ゴールの通算76得点を挙げました。
    日曜日の試合が両者ゴールキーパーに取って無失点で試合終了の笛を迎えることはありません。

    この対戦のハイスコアゲームの歴史は、1994年以降のマラッシでの最後の10試合で無得点で終わったのは2012年3月11日だけで、4試合以上が複数得点の試合となりました。2009年9月24日の2-2の試合では、ヴィンチェンツォ・イアクインタ、ダビド・トレゼゲのゴールが、ジャンドメニコ・メストとエルナン・クレスポのゴールに追いつきジェノアの勝利をキャンセルさせ、この3年後ユベントスは、エマヌエレ・ジャッケリーニ、ミルコ・ヴチニッチ、クワドォー・アサモアのゴールで3-1で勝利を収めます。

    この20年程でおそらく最も忘れられない試合は1995年5月13日、マルチェロ・リッピ監督のチームが4-0の勝者となった時です。
    この日、52分までに暴れ回ったのは、ペナルティースポットでロベルト・バッジョが先制し、ファブリツィオ・ラヴァネリ、ロベルト・ヤルニ、ジャンルカ・日アリが得点を奪いました。この結果は23回目のスクデットを奪うのに大きな役割を果たしました、最終的にスタディオ・デッレ・アルピでタイトル挑戦者パルマに4-0で勝利しスクデットを獲得しました。

    ユベントスは、1960年4月10日にジョン・チャールズ、ブルーノ・ニコルの2ゴール、オマール・シボリ、ジャンピエロ・ボニペルティのゴールで6-2と4点差の勝利を挙げました。

    このリストに加わる他の有名な勝利は、ジョヴァンニ・フェラーリがいた1930年11月2日の3-0の勝利とセンティメンティIIIがいた1942年2月22日の4-1の勝利です。また、ジョン・ハンセンが1950年のクリスマス・イブにハットトリックを達成し勝点3点を奪った試合もあります。

    歴史が流れ、最新のジェノア対ユベントスは、ゴールと面白い試合になる用意が整っています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK