20.07.2015 18:30 - in: セリエA S

      マロッタ氏は、さらに新加入選手を目標とします

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クラブCEOは、記者会見でユベントスの夏の移籍について話します。 「競争的なチームを集めることが我々の義務ですし、埋めるべき2、3の隙がまだあります。」

      ジュゼッペ・マロッタは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督へ2015/16シーズンに向け取り組むべき最高のチームと選手を渡すためにユベントスは更に新加入選手を探していると言います。

      現在までクラブが行なったビジネスにユベントスCEOは満足しています。しかし、移籍ウィンドウの残り6週間での少しのチャンスにも気を配っているままで特にイタリアでの人材の投資がされます。

      ヴィノーヴォでメディアにマロッタ氏は話しました。
      「我々はまだ、チームを完成しなければならないということを知っています。
      これは我々の最初の目標ですし、明らかにできるだけ早く完成させる必要があります。
      競争的ばチーム集めることが我々の義務ですして、埋めるべき2、3の隙がまだあります。
      どのように結果が出るか次第で、我々はこの隙を埋めます。

      我々は、チームを改新することに関して2つのものを覚えておこうとしました。
      1つは、ホームを基準とする選手で、プライドを沢山もっているという選手でした。収益の全てとして昨シーズンの約€9000万のテレビからの収益がイタリアで再投資されイタリアのクラブから契約します・

      ここ数週間にクラブにに関連された名前の1つはクオリティからアッレグリの要求と認めたバイエルン・ミュンヘンのスターであるマリオ・ゲッツェです。

      「ゲッツェに支払える金額はありますが、我々が正式にオファーを開始しなかったほど、明らかにバイエルンの選手です。
      しかし、もしクラブまたは選手が新しい挑戦に対する欲を明らかにした時に、我々は取引をしてもらう為に正式なオファーを開始しようとする最初の選手です。」

      検討するユベントスの役員のもう一つのバイエルン関連の話題はアルトゥーロ・ビダルの状況です。そして、この選手は他のチームへ移籍と関連がありました。

      チリ人が新しい活動の場へ移りたいと頼み、まもなくこの問題が解決すると思っていると確認しました。

      「ユベントスは選手を売っているクラブでありませんですので、選手の移籍の希望が無ければ選手は移籍しません。
      これはピルロ、テベス、オグボンナ、更にはビダルのケースで起こったことです。そして、ビダルは異なる経験を試みたいと願い出ました、

      彼はバイエルンと5年契約を行なおうとしている様ですが、彼との契約は2017年までです。これは彼の将来にとって非常に重要な事です。」

      マロッタ氏は、ポール・ポグバ関連、フランス人ミッドッフィールダーを放出しないユベントスの意向に着いて話、会見を終えました。
       
      「我々はポグバを信じています。いくつかのクラブが彼に関心があったようだが、誰とも交渉テーブルに座りませんでした。
      彼が移籍したいと希望すれば、我々はその申込を聞くだけでしょう。しかし、それは起こりませんでしたし、彼を他に移籍させる必要性が全くありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK