01.08.2015 21:42 - in: 親善試合 S

      フランスでマルセイユの勝利

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      オリンピック・マルセイユは2-0でスーパーカップ前の最後の親善試合のユベントスに勝利

      オリンピック・マルセイユは、土曜日の夜、スタッド・ヴェロドロームで2-0で勝利しマッシミリアーノ・アッレグリの選手より良い試合を行ないました。

      マルセロ・ビエルサ監督の有名な攻撃の哲学で、マルセイユの選手達は、ユベントスを引かせる、高いエネルギーの試合を行ないました。
      ロマン・アレッサンドリーニとフロリアン・トヴァンは前線でチームを引っぱり、前者は、35分に右からのクロスで先制点を奪いました。

      ゴールの前に、ユベントスは2,3の惜しいシュートをマルセイユに放ちました、しかし、サミ・ケディラの怪我とシュテファン・リヒトシュタイナーの45分の退場で南フランスでは厳しいテストになると解っていたが悪化する事になりました。

      ユベントスはなんとか後半にカウンターから2、3のチャンスを作り、ポール・ポグバのフリーキックがポストを叩くも、マルセイユは試合を支配し、83分にアブデラジズ・バラダが守備陣の混乱から追加点を奪いました。

      アッレグリ監督の選手達は、ゴールへの最初の攻撃を長く待つ必要はありませんでした。
      3分に、ポール・ポグバの鋭いボールが右スペースでマリオ・マンジュキッチに繋がるとノーマークのアルバロ・モラタへ繋ごうとするも低いパスはマルセイユの守備に阻まれます。このプレーから産まれたコーナーキックでマルティン・カセレスは、頭でボールをモラタへ繋ぐもシュートを納める事は出来ませんでした。

      マルセイユは高いプレッシャーで試合を進め、9分にアレッサンドリーニがクロスからポストを鳴らして得点に結びつけます。
      が、これ線審がトヴァンをオフサイドの判定でゴールは取り消されます。

      非常にオープンな前半に置いて、ユベントスは1分後にピッチの反対側でチャンスを生みます。しかしロベルト・ペレイラのエリア端からのアシストのサミ・ケディラの近距離のシュートは、スティーヴ・マンダンダに守られました。

      16分にはジジ・ブッフォンが彼自身の低いダイビングセーブで、アレッサンドリーニのカーブがかかったシュートからゴールを守ります。
      トヴァンも数分後にシュートを放つも、クロスバーの上を越えて行きました。

      フットボールの素晴らしい20分間の後に、良くない風向きが続きます。マリオ・レミナの厳しいタックルとファウルをモラタは受けると、勢いを失い始め、ケディラは怪我を負い、担架で退場する事に。

      35分にユベントスにとって最悪な事が起きます。アレッサンドリーニがブッフォンを越えるクロスから、ゴール上角へ先制点を決めます。

      マルセイユは、その瞬間から牙を剥き始めます。
      初めにトヴァンは、タッチラインでリヒトシュタイナーをフェイントで抜去りました。
      そして、ベンジャミン・メンディは、エリアの外から強力なシュートを放ちました。

      後半、ユベントスの前に現れる困難に気付きます。レフェリーがハーフタイムの笛を吹く前に、リヒトシュタイナーの異議に対し、レッドカードを提示し、失点を追いつくユベントスの挑戦は更に難しくなりました。

      ビエルサ監督の選手は後半に入っても緩みません、メンディが再びブッフォンのセーブを強いりました。
      ユベントスはボールをポゼッションする事が中々出来ず、ゴールからロングレンジのマンジュキッチのシュートを打つのがやっとです。

      しかし、プレッシャを撥ね除けるの助ける精力的なポグバによる2,3の反撃から、より良く組織化されたユベントス守備陣は、マルセイユの攻撃を防いでいました。

      そして、ポグバは68分に素晴らしい同点の決定機を迎えます。
      フリーキックを奪うと、ポグバは殆ど完璧な、シュートを放つもポストに阻まれました。

      この1分後にユベントスの最も危険な前線の選手であるポグバは、グラウンドを離れますが文句のない拍手を受けました。
      ポグバがベンチに下がった後、マルセイユは優位を保ち2点目を奪いに来ます/

      83分にバラダはマルセイユのリードを広げます。
      マウリシオ・イスラが中盤でクロスを不注意にああ耐えると、バラダの悪意に満ちたシュートは交代出場したネトを過ぎゴールに。

      これが決勝点となり、ユベントスに数的不利と何かをするべきかという疑問を残しました。

      マッシミリアーノ・アッレグリは、2015/16シーズンの最初のトロフィーを獲得するチャンスである土曜日のスーパーカップ、ラツィオ戦で良い試合を望みます。

      ユベントス:  ブッフォン (ネト 56), リヒトシュタイナー, カセレス (ザザ 77), ボヌッチ, エヴラ (イスラ 64), ポグバ (ルガーニ 69), マルキジオ, ケディラ (ストゥラーロ 26), ペレイラ (パドイン 45), モラタ (ディバラ 56), マンジュキッチ (コマン 69)

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK