25.07.2015 23:05 - in: 親善試合 S

      モラタ「上海へ向け」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アルバロ・モラタは、試合後に上海への試合と彼の新しいストライかーパートナーについてJuventus.comに話します

      親善試合の後Juventus.comにボルシア・ドルトムントとのテスト・マッチはアルバロ・モラタは落胆しないと話しました。

      ザンクトガレンでの試合後チーム・ホテルへのバスに乗り込む前に、モラタはシーズン前の準備の付き物であるフィジカルンの厳しさを認めました。

      8月8日に上海でのスーパーカップへしっかりと目を向けて、しかしスペイン人フォワードが言うにはユベントスは進展を果たしています。

      「私達は、5日のトレーニングを受け、タフなな試合になりました。
      しかし、私達はこの時間にした良いトレーニングを維持して、中国で試合の準備ができていることを確認する必要があります。」

      ユベントスの新夏の新加入選手マリオ・マンジュキッチとパウロ・ディバラを特徴としている3人攻撃の左で出場し、クラブのフォワードの柔軟性が攻撃での重要な武器になると証明したとモラタは思っています。

      「この試合、私は左サイドでプレーし、走り込むスペースがたくさんありました。
      私達はファイナルサードで多くのオプションを持っていますし、これは今シーズン私達は相手に危険を作ります。」

      フォワードを3人で展開するというマッシミリアーノ・アッレグリ監督の決断としは、新加入のディバラ、マンジュキッチそして昨シーズンのスターの1人であるモラタが同時にプレーしました。

      モラタはプレシーズンの初期段階で、新しいチームメイトと戦う機会を頼み史、今週の始まりから一緒にプレーし、ゴール前で実りの多いシーズンを過ごすと楽観しています。

      「私達は長い間一緒にプレーしていませんでしたが、彼らは2人はトップ・プレーヤーです。
      よりプレーし、一緒にトレーニングを受けるほど、より良くなります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK