13.07.2015 15:00 - in: 公式レポート S

    ムチャス グラシアス、カルリートス

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ボカ・ジュニアーズと契約し祖国に復帰するテベスは、素晴らしい2シーズンを過ごしたユベントスを去ります

    白と黒のストライプで過ごした素晴らしい2シーズン後、ボカ・ジュニアーズで2度目のシーズンを過ごす為に祖国に戻り、カルロス・テベスはユベントスを正式に離れます。

    テベスのトリノ到着を歓迎するためにマルペンサ空港で多くの大観衆で迎えられました。しかしコルソ・ガリレオ・フェラーリスのユベントス本部ではさらに多くの人が歓迎し、一番最初にユベントスの背番号10番のユニフォームを見せました。

    その瞬間から、ユベントスとテベスが共に戦った最後の試合であるチャンピオンズ・リーグ決勝の終了の笛まで、テベスは正しくストライプを称賛しました。

    ゴール、勝利、2013年に掲げられたイタリア・スーパーカップのトロフィー、テベスのユベントスの最初の試合は、訪れる事の予言となりました。

    テベスは疑う余地なく、ユベントスのこれまでにいたカリスマ的でエキサイトさせるフォワードの1人です。そして、2シーズンで96試合に出場し50ゴールを挙げました。

    忘れられない2シーズンで、彼の102本のシュートからのゴールのコースの統計が我々が教えます。単純に彼の様なプレーヤーはセリエAにはいませんでした、そしてこの期間他の選手よりも多くの54試合で勝利を挙げました。

    そして、最も驚くべきことは、彼がより良く成長し続けているという事でした。
    昨シーズンは彼のキャリアで最高のシーズンとなり、マンチェスター・シティーでの最初のシーズンと同じ記録である、29得点を挙げました。

    昨シーズンのリーグ戦でユベントスの選手として唯一2桁得点を挙げ、品格とカリスマ性で全ての試合で意志の強さを示し、カルロスは我々全員を唸らせました。
    先シーズンのチャンピオンズ・リーグでは驚くべき記録を残りました。大会以前ヨーロッパで33試合6ゴールしか挙げていませんでしたが、13の試合で7ゴールを記録しました。

    「ユーヴェで背番号10を背負うと共に背負う責任を私は良く知っています。私はこの責任を歓迎します。これは挑戦ですが、私はボカでマラドーナが着けていた背番号10を着ました。」と、最初の記者会見でテベスは断言し、彼が勝つことがる唯一重要であるクラブ、ユベントスを何故選んだか説明しました。

    そして現在、再びボカ・ジュニアーズのユニフォームを着るために、カルリートスは祖国へ帰ります。
    彼は次のシーズン、他のフットボール・ファンへ興奮を与えます。
    なぜならテベスはどの試合でも全力で戦い、アルゼンチン、ブラジル、イングランドそしてイタリアのファンの安定したお気に入りの選手になっているからです。

    ムチャス グラシアス、カルリートス。
    あなたの新しい冒険の幸運を祈ります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK