24.07.2015 11:30 - in: イベント S

    1994年の #OnThisDay リッピとユベントスの関係が始まります

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    正確に21年前、ブオクスとの親善試合に6-1で勝利し、マルチェロ・リッピと白と黒の冒険の夜明けを祝いました

    1994年のこの日に、空前のユベントスで最も成功した監督の1人は、トリノのクラブを担当した最初の試合を監督しました。

    2度の期間、舵を握った全部で8年で、ユベントスは5度のリーグ・タイトル、チャンピオンズ・リーグ、インターコンチネンタル・カップを含む13固のトロフィーへ導きました。

    ディディエ・デシャン、ファブリツィオ・ラヴァネリ、ジャンルカ・ビアリ、アレッシオ・タッキナルディそしてアレッサンドロ・デルピエロが得点し、スイスのブオクスとの親善試合を制します。

    上記の得点者全員が、90年代後半にイタリアとヨーロッパで勝利を収めるリッピ政権の柱になり続けます。

    「私は伝統主義者ですが、これは自分がが石器時代に属していることではありません。
    全ての最も重要な事として、監督は選手と強い関係を構築する必要があります。」

    1994年7月に彼の就任と同時にHurrà Juventus誌に初めてのインタビューを行いヴィアレッジョ出身の監督は、全てを制覇するチームになる事のメンバーへ熱烈なレポートを伝えました。

    デシャンをリッピは「古典的なミッドフィールダー、融通がきき、チームを助けるために常に戦う」と言いましす。

    デシャンは、本当に重要なチームのギアになりました。非常に攻撃的な4-3-3のラヴァネリ、ビアリそしてロベルト・バッジョ機能させるために非常に重要な中盤としてデシャンは戦いました。

    ゴール能力はシンプルであるが、リッピのエレガントなフットボールを実現したファンタジスタである希代の才能であるアレッサンドロ・デルピエロが発掘されます。

    「私は伝統主義者ですが、これは自分がが石器時代に属していることではありません。
    同じ方法でも単にゾーン・マーキングだけ信じてる人とは違います。
    全ての最も重要な事として、監督は選手と強い関係を構築する必要があります。」

    リッピの成功は、正しくシンプルな事で勝利へする事がしばしば出来ると証明しました。
    結束力があるチームを造ることは、自由でしっかりとした個々の才能を合わせ、ユベントスへトロフィーを運ぶ正しいレシピでした。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK