23.10.2015 17:38 - in: 財政レポート S

    通常株主総会と取締役会

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    承認される2015年6月30日に終了する年間決算書。パベル・ネドベドの副社長任命

    ユベントス・フットボール・クラブ株式会社の株主総会。アンドレア・アニェリが議長を務め、トリノで、2015年6月30日までの財務書類を承認。
    (会計年度2013/2014年で€6.7の損失)€2.3万の純利益が完全に準備金に割り当てられます。したがって配当金は、配布されませんでした。

    株主総会は、会計年度2015/2016シーズン、2016/2017シーズンと2017/2018シーズンの取締役12人を確立し、以下のディレクターを任命しました。
    アンドレア・アニェリ、マウリッチオ・アッリバベーネ、ジウリア・ボニオーロ、パオロ・ガリンベティ、アッシア・グラッツィオーリ-バーニア、ケイトリン・ヒューズ、ダニエラ・マリウーニョ、ジャンルカ・マロッタ、アルド・マッツィア、パベル・ネドベド、フランチェスコ・ロンカーリオ、エンリーコ・ベッラノ。
    ディレクター、ジウリア・ボニオーロ、パオロ・ガリンベティ、アッシア・グラッツィオーリ-バーニア、ケイトリン・ヒューズとダニエラ・マリウーニョは、は独立性の要件を有することを宣言しました。

    監査役員の会議は、任命された、パオロ・ピカッティ(議長)、シルビア・リリッチとロベルト・ロンゴで構成され、任命された交互監査役は、ニコレッタ・パラチーニとロベルト・ペトリニャーニです。

    最後に、株主総会は、街頭技術に基づき報酬報告書を承認。政令の58/98の123-TERです。

    *.*.*

    株主総会終了後、ユベントスは、アンドレア・アニェリが会長に、ジュゼッペ・マロッタとアルド・マッツィアが最高経営責任者に、最後にパベル・ネドベドが副社長に任命され、パオロ・ガリンベルティがユベントス・ミュージアムのチェアマンに任命された。

    取締役ジウリア・ボニオーロ、パオロ・ガリンベティ、アッシア・グラッツィオーリ-バーニア、ケイトリン・ヒューズ、ダニエラ・マリウーニョの独立性の要件を確認後、以下の委員会が任命されました。

    -   アポイントメントと報酬委員会は、パオロ・ガリンベティ(議長)、アッシア・グラッツィオーリ-バーニア、ケイトリン・ヒューズから構成されます;

    -   コントロールとリスク委員会はダニエラ・マリウーニョ(議長)、パオロ・ガリンベティとアッシア・グラッツィオーリ-バーニアから構成されます。

    監督機関は、また、アレッサンドラ・ボレッリ、グリエルモ・ジョルダーノとパトリツィア・ポリットから構成され、、政令231/2001の規定により任命されました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK