30.11.2015 10:00 - in: セリエA S

    #PalermoJuve スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    日曜日夕方シチリアでのビアンコネリ勝利のスタッツ概要

    日曜日夕方のユベントスの勝利は、パレルモに対し7勝目となり、過去全試合で無失点試合を維持した。

    ビアンコネリは現在、スタディオ・レンツォ・バルベラで最高の13勝をセリエAで記録しているチームです。

    一貫性は最近のマッシミリアーノ・アッレグリ監督の主題でした。そして、リーグ戦4連勝とチャンピオンズ・リーグを含めtあ5連勝を記録紙、監督の思いを確実に達成しています。

    さらに、チームは、遥かに大きな規則性でゴールを記録し、5試合4ゴールと比較して、過去2試合のアウェイ戦で6ゴールを記録しています。

    ユベントスは前半66.7%のポゼッション率を記録したが、全てのシュートが枠を外れたか、ブロックされました。
    際立って対象的に後半は、枠内へ4本のシュートを放ち、51.8%のポゼッション率の低下があったが、3選手がゴールを挙げました。

    ビアンコネリに重要な、22本のクロスをボックス内へ上げ、ゴールチャンスを切り開く成功は、広域で攻撃を使用とする印象的な88%のパス完成率と意欲がありました。

    ユーヴェは、前半サイド攻撃を集中させます。
    後半、ビアンコネリは得点し、さらにより大きな幅で攻撃します。

    これはもちろん、マリオ・マンジュキッチが54分に先制した方法で、パウロ・ディバラのクロスをエリア内で頭で合わせたこの試合最初の枠内へのシュートでの得点でした。ちなみにパレルモは、90分間でまったく枠内へのシュートがありませんでした。

    このゴールは、マンジュキッチのセリエAでの3得点目で全大会で6ゴール目となし決定的なゴールを続けます。元バイエルン・ミュンヘンの彼がゴールを挙げたそれぞれの試合でユベントスは勝利してきました。

    チームの運命の鍵となった重要な構成要因は、クラウディオ・マルキジオとディバラです。
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームにマルキジオが出場した期間、1試合も負けません。
    一方、ディバラは、チームのリーグ戦20ゴールの内9得点に絡み、6ゴール3アシストを記録しています。

    最後に忘れてはいけないのは、ステファノ・ストゥラーロの89分の落ち着いて決めたゴールです。ストゥラーロは2015/16シーズン8試合出場において枠内へ初めてシュートを放ち得点し、ユベントスにとって新しく最先端の発見となった。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK