22.10.2015 00:07 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      我慢が、ポグバのキーワード

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ポール・ポグバは、得点を再び奪える事は、時間の問題だと思っています。「ゴールは、やって来ます。一方、私はチームへ全力で戦い続けます。」

      「私が現在意見を聞くただ一人の人は、監督(マッシミリアーノ・アッレグリ)です。
      彼の提案を実行し、チームのために100%を与えることだけに、私は集中しています。」

      これはポール・ポグバの言葉で、ユベントスが今シーズンのヨーロッパでの戦いで初めて勝つ事が出来無かった。そして、今晩のスコアレスの引き分けで勝ち点をボルシア・メンヒェングラートバッハと分け合った

      マッシミリアーノ・アッレーグリ監督の影響を明白に示し、ポグバは彼の背番号に関係無く常にそう思っている選手だと話しました。

      「背番号10に私は、おびえていません。私が今夜得点できたなら、この議論は無いでしょう。重要である唯一の事はピッチで起こることです、残りは関係ありません。」

      そして、有力なミッドフィールダーがピッチ中央で全力で戦い、ポグバは、水曜の夕方に本当のクオリティを示しました。そして、10回のドリブル成功を行い、4つの得点機会をチームメイトへ演出し、自身で5つのチャンスをつかみました。

      「私が言う事があるなら、全ては私は監督に忠実に支持に従うという事です。ゴールは、私へすぐに来ています。
      いずれにせよ、私はチームのために戦力で戦い続けます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK