04.10.2015 09:00 - in: セリエA S

    ガイタ教授、リヒトシュタイナーについて

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    心臓専門医(切除分野での世界的リーダー)は、リヒトシュタイナーの手術についての詳細をjuventus.comに説明

    10月2日金曜日に、シュテファン・リヒトシュタイナーは、9月23日のフロジノーネ戦で呼吸困難を引き起こした良性不整脈(心房粗動)の除去手術を受けました。

    フィオレンツォ・ガイタ教授が手術を行ないました。
    世界的に切除分野のパイオニアであり、デッラ・モリエンテ大学の心臓学長は、リヒトシュタイナーの状態に関し、我々を安心させることから始めました。
    「手術は1時間未満で、選手は非常に良くなっています。」


    教授、リヒトシュタイナーは、正確に何で苦しんでいたのですか?

    「心房粗動は、心房の不整脈で、解りやすく言えば、心臓が『ガソリンタンク』の様になっている様子です。
    一種の電気回路の様な物で、動揺が生じた場合、通常毎分60回の心拍数が300回まで上がります。
    母なる自然が我々に『フィルタ』(房室弁)を与えたので、心拍のビート全てが『エンジン』に達するというわけではありません。すなわち房室弁は、3分の1、または半分、すなわち75または150へ切り抜けるのを防ぎます。
    しかし、衝撃の全ては、ストレスまたはかなりの身体的奮闘の例で、切り抜けることができます。
    これらのような例えとして、心拍数が毎分300拍子となり、患者は、呼吸困難となります。選手は正にこれでした。」

    このようなケースは、手術をしなければなりませんか?

    「患者への他のオプションとして、残りの人生で投薬する方法がありますが、防ぐ傾向があるだけで問題の解決とはならず、およそ60%に成功しているだけです。
    替わりの方法として、我々が1992年以来、臨機応変に適用して来た手術があります。
    手術は、トランスカテーテル除去と呼ばれています:脚の整脈からカテーテルを心臓へ挿入し、電子メスの様に心房細動をカテーテルの先端で少し焼きます。
    これは現在非常に良く行なわれている技術で、アスリートのための選択の処置です。」

    1ヵ月は、回復に十分な時間ですか?

    「はい、彼は30日後に回復し、我々はもう少し様子を観ます。そして、すべてがOKの様であれば、サッカーをプレーできます。
    この時には運動のガイドラインにからクスリを使用し、異なった不整脈のタイプに従います。動揺の例から、一般的に回復まで1ヵ月です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK