21.10.2015 23:38 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      記録破りのジジ、引き分けを振り返る

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジャンルイジ・ブッフォンは、アレッサンドロ・デルピエロのユベントスでの出場分記録を塗り替えるも、チームを優先しボルシア・メンヒェングラートバッハ戦のスコアレス・ドローを振り返ります。

      ジャンルイジ・ブッフォンは、ユベントスのユニフォームでのアレッサンドロ・デルピエロの出場分記録を塗り替え、比類無きビアンコネロのキャリアを更新したが、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦のスコアレス・ドローに憤っています。

      クラブのためにゴールを守った48,839分のうち、試合で恐れないボルシア・メンヒェングラートバッハに対してもユベントスは試合を支配し、少しだけしかジジには問題がありませんでした、

      この試合の同点を反省し、主に90分間ゴールを脅かされていないにも関わらず、終了の笛の後メディアに話した様に、同点がフェアな結果であったと37歳のゴールキーパーは認めました。

      「結局のところ、たとえ私達が勝ちに値したとしても、これはフェアな結果であったと、私は思います。言うならば、私達は得点へ多くの確実なチャンスを作りませんでした。
      私達はエリアで試合を支配しましたし、ボルシア以上に攻撃を行ないました、しかし、結局は、相手にも同じ様に多くの要点に値しました。」

      デルピエロを凌ぐ記録に関して、ブッフォンは、プロフェッショナルな自信の偉業をチームメイト、ファンそしてクラブ全体へ注意をそらすことでインタビューを終えました。

      「疑う余地なく、それ(デルピエロの記録を破った事)は大変な気持ちですが、全体としてチームメイト、スタッフ、ファンまたはクラブの傍らにあるかどうかに関わらず、フットボールで最も満足出来る事はチームでの勝利です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK