22.11.2015 00:06 - in: セリエA S

    土曜日の際立ったスタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    パウロ・ディバラの今シーズンのリーグ戦6ゴール目を上げたミラン戦は、ビアンコネリの3連勝と6勝目を記録する試合となった

    ガエターノ・シレアと並ぶビアンコネリでの552試合出場を達成した、ジャンルイジ・ブッフォンの話題が試合前のスタッツのヘッドライナーとなった。彼のチームメイトはピッチで十分に先例に従い、ユベントス・スタジアムでのミランの挑戦に勝利する威圧したパフォーマンスを示しました。

    ブッフォンのスタッツだけが、土曜日に作られた歴史ではありません。昨晩の勝利でユベントスは、古くからのライバルに勝利しリーグ戦6勝目を挙げ、今シーズン最高のウイニング・ランは3試合目となった。

    ユベントスが支配する対戦で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは多くのシュートを狙い通りに放ちました(ミランの1本に対して5本)の部下はより多くのショットを狙い通りにしました(ミラノのものへの5つは一つです)、ボール所有率を54.9%とし、ロッソネリよりも約100本多いパス数を完了しました。(399本に対し480本)

    両チーム、中盤で争いあい、ユーヴェの優れた保持と取り戻しはフィールドのミドル・サードを支配し、クラウディオ・マルキジオの努力から、72回のパスを91.7%で完成させ、正確で最も一貫したパフォーマーでした。

    さらに前線では、この試合唯一の得点者、今シーズン全ての大会で7ゴール目を奪い、ミラン戦では3ゴール目となったパウロ・ディバラは、狙い通りに2本のシュートを放ったこの試合最高のスナイパーとなり、フィールド上でどの選手よりも最も多くの数字です。

    ディバラの66分のゴールは、同都市ライバルであるトリノ戦と同じ様に南米の仲間であるアレックス・サンドロのクロス(ユベントスでは2連続アシスト)からでした。
    ディバラへアレックス・サンドロのパスは、この試合で生み出した4回目のチャンスでした。そして、同様の数字はチームメイトにも敵にもライバルはいません。

    1ゴール、勝ち点3は、41,000人のユベントス・ファンを非常に満足させました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK