28.09.2015 12:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    セビリャ・スポットライト

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ヨーロッパ・リーグ勝者としてチャンピオンズ・リーグ挑戦を得た最初のクラブである水曜日夜の対戦相手セビリャは、印象的なヨーロッパでの血統、優秀な監督とチームを誇ります
    2006年5月10日、フィリップス・スタディオン、アイントホーフェン、およそ22:20(CEST)

    アイントホーフェンのフィリップス・スタディオン、残り10分で、両チームが初めてのヨーロッパでの栄光を争い、2006年のUEFAカップ決勝でセビリャは4-0でミドルスブラに勝利しました。

    マッシモ・マッカローネとマーク・ヴィドゥカの奇跡的なシュートをゴールキーパー・アンドレス・パロップが素晴らしいセービングを行い、長い時間でこの試合を支配する夜になるだろうとアンダルシア人は知っていました。数秒後に、信念からチャンスを確実にします。

    カウンター攻撃が前線で爆発し、20才のウイング、ヘスス・ナバスは、フレデリック・カヌーテへクロスを送りました。
    ペナルティーエリアでルーズボールを、マーク・シュワルツァーがセーブするも、元ユベントスのミッドフィールダー、エンツォ・マレスカが得点し、セビリャファンを熱狂させます。

    そして2ゴール続きます。マレスカがもう1得点し、カヌーテがこの試合4点目を奪い、スペインのクラブにトロフィーを手渡す、注目に値する試合となりました。

    3つのヨーロッパでのタイトル後、2015/16シーズンのチャンピオンズ・リーグの為トリノでユベントスとグループリーグ・2試合目を戦います。
    グループDの首位との対戦前に、Juventus.com
    グループDの初期のリーダーとの水曜日の夜の衝突前に、Juventus.comはウナイ・エメリ監督のチームの歴史とヨーロッパでの血統と最近チームに着いて掲載します。

    歴史

    その最近のヨーロッパでの成功から国際的な認識があるものの、アンダルシアのクラブは一貫してスペイン・フットボールで重要なチームで、65年以上トップ・ディヴィジョンで戦っています。

    クラブはイングランドの水夫によって1905年に創立し、セビリャを地元に活動を始めました。そして、1915~1932年の間の19回のアンダルシア州選手権で16度優勝し、1935年のコパ・デル・レイでCDサバデルを破り優勝した。

    そして10年後の1945/46シーズンに得点記録者であるスペイン代表フォワード、フアン・アルザのゴールにより、セビリャはリーガ初優勝を遂げます。

    狭間の年と言える、1970年代、1980年代、1990年代は、セグンダ・ディビシオンでの戦いが多かったが、セビリャは2000/01シーズンに再昇格以来、10シーズンのうち8シーズンを上位5位で終え、2006年、2007年、2014年そして2015年にUEFAカップとヨーロッパ・リーグのトロフィーを獲得しています。

    スタジアム
    ユベントスは、2009年のシーズン前の親善試合でサンチェス・ピスファンでレアル・マドリッドと対戦しました。

    ユベントスは、2009年のシーズン前の親善試合でサンチェス・ピスファンでレアル・マドリッドと対戦しました。

    チャンピオンズ・リーグ、グループDでは、12月にビアンコネリは地中海を横断し、歴史的なエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファンで戦い、パルマとフィオレンティーナに続く3番目のイタリアのクラブになります。今シーズンのチャンピオンズ・リーグで5度目となる開催になります。

    当初75,000人収容できすスタジアムとして1958年に建設されたサンチェス・ピスファンは、国際的に評価された会場にもなりました。22回の国際試合の舞台となり、1982年のワールド・カップでフランスと西ドイツの準決勝の会場にもなりました。

    監督

    詳述する非常に用意された準備と注意を行なう監督として、セビリャの監督ウナイ・エメリはヨーロッパの最も才能のある監督の一人として有名です。

    怪我に悩まされた現役選手時代を2005年に引退し、カリスマ的魅力を持つエメリは、指導者としてのキャリアを進みました。

    ムルシアのロルカで指導者のキャリアをスタートさせ、エメリはクラブ史上初のセグンダ・ディビシオン昇格へ導き、UDアルメリア、バレンシアそしてセビリャで実りの多い監督としてのキャリアを積み続けています。
    そして、どのチームでも攻撃的で躍動感のある魅力的なフットボールを組み立てています。

    2014年と2015年にヨーロッパ・リーグを連覇というUEFAでの大会で勝利した唯一の監督になり、43歳の指導者は、セビリャを今シーズンのチャンピオンズ・リーグ グループ・ステージ進出へ導くという2つの場面でクラブは偉業を達成した。

    水曜日をどのように見ているか?

    先週末、ラーヨ・バジェカーノに3-2で勝利したのが、セビリャの今シーズンのリーグ戦での初勝利でした。開幕5試合でアトレチコ・マドリッド、セルタ、ラス・パルマスに負けています。

    土曜日夜のサンチェス・ピスファンでの力強い攻撃は、セビリャの昨シーズンのプレーを思い出させました。セビリャは昨シーズン通算71ゴールを上げ、これを上回るのはレアル・マドリッドの118ゴールとバルセロナの110ゴールだけです。

    夏の移籍期間で昨シーズンのチームからカルロス・バッカ、アレクシス・ビダル、ジョフレイ・コンドグビア、イヴァン・ラキティッチ、フェデリコ・ファシオが移籍し、エメリはチームを編成する技術を試される事に。

    グループ・ステージ第1試合を3-0でボルシアMGに勝利し、8月のUEFAスーパーカップで負けた物のバルセロナと5-4の戦いを行ない、今シーズンのセビリャは面白くなりそうです。

    オフシーズンでの加入選手として、イェウヘン・コノプリャンカ、チーロ・インモービレ、ガエル・カクタ、もちろんフェルナンド・ジョレンテが加入し、クラブの攻撃フォームが組み立てられ、ディフェンスでの多様性とペースを誇ります。

    水曜日は、フェルナンド・ジョレンテが対決のため帰ってくるでしょう。

    守備陣には、アディル・ラミ、マルコ・アンドレオッリそして中盤にグジェゴシュ・クリホビアクとスティーヴン・エンゾンジを配し、フィジカルでの強さを提供し、冒険的なウイングバック、ベノワ・トレムリナスとコケが前線へボールを運びます。

    両チーム第一試合を勝利で飾り2勝目を上げる為に、両チーム監督(エメリ監督とマッシミリアーノ・アッレグリ監督)は、攻撃的で広範囲のフットボールを指揮し、セビリャとのユベントス・スタジアムでの対戦がエキサイティングなものになるのは確実です。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK