14.12.2015 10:30 - in: セリエA S

      Jスタジアムでのスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜日夜ユベントス対フィオレンティーナ3-1ホーム勝利のスタッツ

      ビアンコネリのフィオレンティーナ戦勝利はセリエAで6連勝となり、ローマを追い抜き4位へ順位を上げ首位インテルに対し勝ち点差6点に迫った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームはヨシップ・イリチッチの3分のPKゴールの後、1点ビハインドからの反撃に出なければならなかった。
      ちなみに、ユベントスはボローニャ戦、エンポリ戦に続き3-1の逆転勝利を記録しました。

      昨晩の試合はセリエAの歴史上で71回目のフィオレンティーナとの対戦でのユベントスの勝利となり、トリノでの最後の23試合で18試合で勝利しています。
      フィオレンティーナはユベントス・スタジアムで行われたリーグ戦5試合で勝ち点を1点も得ていません。そしてユベントスはヴィオラとのセリエAでの対戦で30得点を毎試合で積み重ね記録を広げています。

      ヴィオラの4回と対照的にビアンコネリは相手ペナルティーエリアで28回ボールタッチがありました。

      珍しい事に日曜日での対戦でビアンコネリはホームで半分以下のポゼッション率となった。パウロ・ソウザ監督のチームが、2011年以降のトリノ遠征で最も高いレートのの61.7%のポゼッション率と612回のパスを86.4%成功させ、ユーヴェ363回のパス数と80.4%の成功率との比較があった。

      それにもかかわらず、ユーヴェはエリア内から11本のシュートを放ち、フィオレンティーナのイリチッチの得点となった今季彼にとって6本目となるPKシュートの1本に対し6本枠内へのシュートがあった。

      左サイドの攻撃:ヴィオラも左サイドからの攻撃を集中させたが、パトリス・エヴラはゴールに結びつくチャンスをユベントスの中で最大の4本を提供した。

      6分に同点弾を放ち、セリエA通算25点のうち初めてのヘディングでのゴールを挙げたフアン・クアドラードにとって新しい始まりの夜でした。
      クアドラードの最初のゴールはフィオレンティーナに在籍時で、2015/16シーズンでは新しいチームであるユベントスでゴールを挙げた。

      一方マリオ・マンジュキッチは、チームの逆転に貢献した一貫した構成要素です。マンジュキッチがゴールを挙げた7試合でそれぞれでビアンコネリは勝利しています。

      最後に、パウロ・ディバラは今シーズン良くなっています。夏にシチリアからピエモンテに移籍し、リーグ戦8ゴール、全大会で9ゴール目を記録しました。
      ストライカーは昨日、典型的に決定的なムードがあり、4本のシュートの内3本が枠内へ、そしてユベントス・スタジアムでの痺れるフィナーレをビアンコネロの自身とチーム全ての為に、忘れられない瞬間を終わりに示しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK