05.10.2015 10:00 - in: セリエA S

      素晴らしい日曜日のスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、日曜日のビアンコネリ、ボローニャ戦勝利のデータを考察

      アルバロ・モラタ、パウロ・ディバラ、サミ・ケディラのゴールが、ユベントスのボローニャ戦3-1の勝利に貢献し、5月の同じ結果となったナポリ戦以来のホームでのリーグ戦勝利になりました。

      今シーズンのユベントス・スタジアムでの前回の試合の様に、ビアンコネリは、66.6%の多くのポゼッションを誇り、19回に対し対戦相手の2回より多くのチャンスを作ったが、最終的にそれ以上の客観的な出ました。8本のシュートが枠内へ飛び、昨シーズンのナポリ戦以上の数字となり前述のこの勝利以来3ゴールを挙げました。

      ビアンコネリは、ポゼッションの3分の2をボローニャに対して実行

      対戦相手の最初の枠内へのシュート、今シーズン4点目となるゴールを、ユベントスは失点し、いくつかの不必要なスタッツが残りました。
      これは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームがビハインドとなった、セリエAの7試合で5試合目となりました。昨シーズンは全体で、9試合のビハインドがありました。

      モラタにとって生産的な数日となりました。全大会で今シーズン2ゴール目とで、リーグ戦での最初ゴールは、5月のインテル戦以来のゴールとなりました。
      モラタはケディラへアシストも記録。これはモラタがユベントスで、ゴールとアシストを1試合で行なった3試合目となりました。またケディラは、セリエAデビューで初ゴールを落ち着いて決めました。

      守備の面では、ジョルジョ・キエッリーニが88.9%という高い確立で、他のチームメイト以上に9回ポゼッションを取り戻し、ポール・ポグバは、4回のタックルを成功しました。

      今シーズンの重要なリーグ2勝目を強調する事に加え、クワドォー・アサモアが92分に怪我から337日ぶりに戦線に復帰しポジティブな形で終わりました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK