26.10.2015 10:30 - in: セリエA S

    ユベントス・スタジアムでのスタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Juventus.comは、ビアンコネリが勝利した日曜日のアタランタ戦の全データを見ます

    日曜日午後のユベントスが2-0で勝利したアタランタ戦は、リーグ3勝目となりました。そして4月以来全大会で3試合連続無失点を完了しました。

    アタランタにとっては、ユベントス・スタジアム建設以来の敗戦が続き相性は悪いままです。

    ビアンコネリは、ベルガモを拠点とするチームと13試合連続得点記録をキープし、この試合で7試合無失点勝利となった。

    先月のアウェイ、ジェノア戦以降でマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが、前半にリードし勝ち点3を奪った2試合目となりました。

    アッレグリ監督は、対戦相手の経験豊かな監督、エディ・レヤ監督に初めての勝利となりました。

    今シーズンの以前のホーム・ゲームのように、ユベントスはシュート数(19~5)とパス成功(703~298)でアタランタを勝り、ポゼッション(70.2%)の最大値を楽しみました。

    試合は、今シーズン初めて、アタランタがユベントスと同じ14本のクロスを上げる激しい当りの試合でしたが、アタランタは90分全体で狙い通りのシュートを放ちませんでした。

    パウロ・ディバラの止められない先制点は、今シーズンの全ての大会で、5得点目、リーグでは4得点目となりました。

    28分の焼けつくようなゴールは、ビアンコネリが2015/16シーズンのここまでで開始30分以内での初ゴールです。

    ディバラのマリオ・マンジュキッチへの49分のアシストは、彼が、チームの今シーズンのセリエAでの11ゴール中6ゴールの貢献を意味します。

    マンジュキッチは、一方、前線で最大の効率を示し、2本のシュートを枠内に放ち、後のシュートでネットを揺らしました。

    特に明確な事実は、各々4回のチャンスを作ったディバラ、ポール・ポグバ、パトリス・エヴラで、ゴールに結びつくチャンスは全てコーナーから生まれました。

    レオナルド・ボヌッチは、圧倒的なディフェンスで貢献し、4回のタックル、6回の相手からボールを奪いました。

    クラウディオ・マルキジオは、攻撃時に85回のパスを成功させ、ピッチの誰よりも倍以上のパスを成功させました。

    そして、マルキジオは9回のポゼッションを取り返し、中盤のパートナー、ポグバと共に高い記録をシェアしました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK