27.09.2015 00:45 - in: セリエA S

    サン・パオロでのスタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マリオ・レミナ、ユベントスでの初ゴール、しかしナポリは重要なパートで優勢

    2-1で敗れたサン・パオロでのナポリ戦、ビアンコネリは、ファイナルサードでの12本のシュートの内、3本が枠へ、1ゴール挙げられました。

    ナポリは、ジジ・ブッフォンを脅かす5本のシュートの内2本をゴールしゴンサロ・イグアインは今シーズン5ゴール目を記録。

    ユベントスは、ナポリの9本に対し、11本のクロスを放ち、ナポリの82.2%よりも多い85.4%のパス成功率を完了しました。

    しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、53.6%のボールへの挑戦を失っており、今シーズン二度目となる46%以下のポゼッション率となりました。

    個人レベルでは、マリオ・レミナがユベントスでの初ゴールを達成。
    レミナはまた、チームで一番多い4回のタックルを完了し、パトリス・エヴラはピッチ上で最も多い9回のブロックを実行しました。

    また、ジョルジョ・キエッリーニは、ナポリのジョルジーニョの半分の24回のパスを繰り出しました。
    パウロ・ディバラは、最も多くの4回のクロスを放ちました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK