11.12.2015 13:00 - in: セリエA S

      フィオレンティーナ戦へ知っておく10の事 #JuveFiorentina

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      一時的な完璧、お馴染みの顔ぶれと34人目のアメリカ大統領ドワイト・アイゼンハワー:これらの10個の鍵、事実がフィオレンティーナとの日曜日の試合前の知識です
      1) ユーヴェの紫色のパッチ

      フィオレンティーナの強いシーズンスタートは、首位へ園内へ駆り立てたが、これは1998年以降初めてこの期間でユベントスよりも前進しています。
      しかし、この対戦で優位であるのは、疑う余地なく時代を通じてユベントスでした。

      ビアンコネリとヴィオラは日曜日にセリエAで153回目の対戦を行うが、チャンピオンは2チームの過去の対戦のプレビューから素晴らしい歴史以上の意味を望んでいます。

      この理由として、この週末のユベントス・スタジアムでのユベントスとの過去7回の対戦でフィオレンティーナは2点しか挙げておらず、通算でユベントスはフィオレンティーナに70勝、247ゴールを挙げています。

      トリノでのリーグ戦ではビアンコネリは50勝と勝利を積み重ね、1981年11月のスコアレスドローまでにフィレンツェに拠点を置くチームに対して29試合で得点し続けました。

      パウロ・ソウザ監督のチームは昨シーズンのユベントス・スタジアムでモハメド・サラーの2得点でコッパ・イタリア準決勝で2-1の勝利を挙げ、2008年3月の1勝以来のアウェイでの勝利でした。

      2) 1953:イヤー・オブ・ザ・ゼブラ

      1953年という年は、ドワイト・アイゼンハワーがアメリカ合衆国大統領で、ジェームズ・ボンド・シリーズ最初のスリラー、カジノ・ロワイヤルがイアン・フレミングよって書かれ、エドモンド・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイが人類初エベレスト登頂を達成した。

      これらの殆どが行なわれる前に、クラブ史上フィオレンティーナ戦で8得点という最多得点勝利をユベントスがトリノのスタディオ・コムナーレで2月22日に行なわれた。

      ジャンピエトロ・ボニペルティ(1'、68')、パスカレ・ヴィヴォーロ(22')、リカルド・カラペレッセ(51'、84')、ジョン・ハンセン(60'、75')とカール・アージ・プラスト(78')がネットを揺らしました。

      3) 日曜日の対戦

      今週末のユベントス・スタジアムでの対戦は今シーズンだけでなくイタリアで最も活気のあるチームの対戦です。(最後の11リーグ戦で9勝をあげている。)

      Italian Serie A

      順位チーム勝ち点 試合得失
      1InternazionaleInternazionale331510321899
      5JuventusJuventus2715834221111
      2FiorentinaFiorentina32151023301218
      3NapoliNapoli3115942281216
      6SassuoloSassuolo261575319145
      7AtalantaAtalanta241573518153
      11ChievoChievo191554620164
      4RomaRoma2815843301812
      8MilanMilan241573519181
      9TorinoTorino221564521192
      10EmpoliEmpoli21156361720-3
      13UdineseUdinese18155371420-6
      16GenoaGenoa16154471520-5
      15BolognaBologna16155191621-5
      17PalermoPalermo15154381323-10
      12LazioLazio19156181724-7
      14SampdoriaSampdoria16154472125-4
      20VeronaVerona6150691025-15
      18FrosinoneFrosinone14154291426-12
      19CarpiCarpi10152491327-14

      1月1日から、ユベントスは合計75点のセリエAで勝ち点を積み上げ、フィオレンティーナは2番目の72点で3点差となっています。
      2015年の最後から2番目のリーグ戦でユベントスと並ぶのを、フィオレンティーナの勝利を意味しています。

      日曜日の対戦で、フィオレンティーナは今シーズン30ゴールとリーグ最多得点を挙げており、ユベントスの11失点という2番目に失点数の少ないチームとの対戦となります。

      上位対決にはあらゆる感覚があります。


      4) ソウザのゴール・センセーション

      明らかに、フィオレンティーナは最近、面白い程得点をしており、長い間楽しんでいます。

      彼らが、現在セリエAで最も長く印象的な22試合連続ゴールを維持を、スタディオ・アルテミオ・フランキでの先週末のウディネーゼ戦の3ゴールが確実とした。

      その期間、ソウザ監督のチームは、48回枠内へシュートを放ち平均2.2ゴールを挙げています。フォワードのニコラ・カリニッチとクマ・ババカルがゴールにかなりの貢献をしています。クロアチアのカリニッチはフィオレンティーナで、リーグ得点ランキングを9点でリードする1人で、ベスト分ゴール・レート(109')の1人です。

      カリニッチ(右)は、今シーズン、サンプドリアのエデルと9ゴールでナポリのゴンサロ・イグアインを追いかけます。

      元ブラックバーンの選手の記録はチームメイトのババカールによって改善され、今シーズンここまで90分に1回セレブレートしました。(フィールドの上の359分間で4ゴール)

      5) イタリア製(ではありませんNot)

      ゴールに関するテーマに合わせて、ロベルト・マンチーニ監督のインテルと同じくソウザ監督のチームは外国人選手だけによるゴールを挙げている2チームの内の1つです。

      この結果からヴィオラは、イタリア人(150点)、イタリア人以外(212点)となっています。

      ユベントスに関しては、ビアンコネリが今シーズンの得点で2人のイタリア人の得点があります。シモーネ・ザザとステファノ・ストゥラーロです。

      6) パスマスター

      プレーの中心にいる事を好む2つのエレガントで上手な中盤として、マッシミリアーノ・アッレグリ監督とパウロ・ソウザ監督によって訓練された2チームはボールを最も正確に供給します。

      ここまでナポリは、2015/16(9,551回)のパス成功チャートトップにいます。ソウザ監督のチームはポゼッションを一貫して正確に戦い、88%のパス成功率です。ユベントスは、2番目の86%です。ボルハ・バレロは3-0で勝利した日曜日のウディネーゼ戦で平均的なポジションですが、フィオレンティーナの攻撃のテンポを設定します。

      ボルハ・バレロは3-0で勝利した日曜日のウディネーゼ戦で平均的なポジションですが、フィオレンティーナの攻撃のテンポを設定します。

      ヴィオラでボルハ・バレロは前に位置するヨシップ・イリチッチと中盤の慎重で注意すべきプレーを深い位置から画策します。
      そして、マティアス・ベシーノとフォワードのカリニッチとフェデリコ・ベルナルデスキがボールを受けます。

      ビアンコネリがボルハ・バレロからのフィオレンティーナの攻撃を止める事に成功し、ペナルティエリア内外でセンターエリアを確実に守れば攻撃の脅威を無効にする事ができます。

      フィオレンティーナは、ロングレンジからのプレート攻撃を滅多にしました。20%の成功率の256本のクロスの合計は、リーグの一番下から4番目になります。

      7) ソウザ監督のチーム選択
      ソウザ監督は今シーズン4-3-3のシステムを信頼し続けています。
      8) 私達は以前会いました?

      潜在的な選手のリユニオン、ビアンコネリ5選手にヴィオラとの歴史があります。
      ネト(2011/12シーズン)、クラウディオ・マルキジオ(2007/08シーズンでエンポリでレンタル期間中)とジョルジョ・キエッリーニ(2004/05シーズン)は、フィオレンティーナへセリエAで一礼しています。

      特にマルキジオは、1-0でビアンコネリがフィオレンティーナに勝利した2009年1月の対戦でユベントスでの最初のゴールという記録があります。

      マルキジオは2009年にフィオレンティーナ戦でユベントスでの初ゴールを挙げた。

      ブラジル人のネトは、フローレンスからの夏に加入し、コロンビアのトリックスターファン・クアドラードの両者は、アルテミオ・フランキでそれぞれの157試合出場をしています。

      9) ダグアウトに下り

      1996年のユベントスのチャンピオンズ・リーグを獲得したチームで役割を果たして以来初めてポルトガル人監督はトリノに戻り、対戦相手監督であるアッレグリ監督とソウザ監督は日曜日に初めて握手を交わします。(ただ、職業上のちがった方法で以前合ってるかもしれません。)

      一方、アッレグリ監督は昨シーズン、フィオレンティーナに対して得た4点を基に彼自身の個人の記録を更新し続けることを望んでいます。
      トスカーナの戦術家は、カリアリとミラノ時代に期間全体でヴィオラに5回敗北を経験しました。

      10) 最後のタイムアウト...

      ビアンコネリへ1ペナルティ、5ゴール、勝ち点3。この2チームの最後のユベントス・スタジアムでの対戦です…

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK