30.10.2015 17:00 - in: セリエA S

      #JuveTorino トリノ戦を知る10の事

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、土曜日の141回目のユベントスとトリノのセリエAでの対戦に向け、鍵となる事実と気まぐれをアーカイブします
      1. ビアンコネリ優位

      4月の2-1の敗戦は、過去のデルビー・デッラ・モーレ17試合(13勝4分)からで初めての敗戦となり、ユベントスのトリノ戦7連勝が止まった。

      昨シーズンの3失点は、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との多くの対戦での10試合連続無失点記録が止まりました。

      2. トリノが苦しんだ20年

      出し惜しみな守備が自然にトリノをタフな人生にし、ユベントスに対して27回の可能性からわずか勝ち点2を拾ったのをみた。

      最後のユベントス・ホームでのトリノの勝利は、1995年の4月に戻らなければいけません。ルッジェーロ・リッツィテッリの2得点がこの試合を決めました。

      3. ホームの様な場所ではない

      両チームのそれぞれのホーム&アウェイ全記録も、良い感じに試合前の参考になります。

      ユーヴェの今シーズンの開幕ウディネーゼ戦での敗戦は、ユベントス・スタジアムで47の最初でした。そして、記録は対照的となり、トリノは3敗で試合に臨みます。

      スタディオ・オリンピコを新しいホームとするチームは、アウェイでの過去10試合で失点をしています。

      4. ユーヴェの会長... トリノ創設者?

      ユベントスの会長が最大のライバルの当時の創設者になったと聴いた事がありますか?

      スイス人ビジネスマン、アルフレッド・ディック(1865年4月12日イヴェルドン・レ・バンで誕生)は、1905年にビアンコネリに初めてのスクデットへ導いた監督でしたが、3年後の1908年にフットボール・クラブ・トリノ創設に専門知識で貢献しました。

      5. クアリャレッラの幸せなヒストリー

      ユーヴェからトリノへ移籍した男、ファビオ・クアリャレッラ。
      おそらくビアンコネリにとって不気味な存在です。イタリア人は誰も、古いクラブへ度々訪れ戻るのが好きではありません。

      元ユーヴェのストライカー、勿論今はトリノですが、昨シーズン、前所属チーム5チーム(フィオレンティーナ、ユベントス、ナポリ、サンプドリア、ウディネーゼ)のネットを揺らした。

      クアリャレッラのは同じトリックが今シーズン既に2回起きていると繰り返しました。それぞれ第2節と第4節のフィオレンティーナ戦とサンプドリア戦で決定的なゴールを挙げました。

      6. クラウディオ・マルキジオ、ピエモンテの王子

      レッジョ・エミリアでの欠場の原因となった風邪を治し、クラウディオ・マルキジオは、8回目のダービーマッチで4ゴール目を目指します。

      忘れられない3-0で勝利した2012年12月のユベントス・スタジアムで、イル・プリンチピーノは、同じくJアカデミー出身のセバスチャン・ジョビンコのゴールに続き2ゴールを奪った。

      7. トリノ・ファンへの多くのゴール

      もし、ペナルティ・ボックスでのアクションを探しているなら、今シーズンのヴェントゥーラ監督のチームは、その1チームです。
      得点と失点の合計でローマ(37)、カルピ(33)とサンプドリア(32)だけがトリノの合計31より多い得失点数です。

      ユーヴェの前線は、このポイントに耳を立てるかもしれません。2015/16シーズン、トリノのゴールキーパー、ダニエレ・パデッリは15失点をしています。

      8. セット・プレー完成度

      驚くことではないが、トリノは今シーズン、そびえ立つポーランド人ディフェンダー、の擁護者カミル・グリクがコーナーから4ゴールを挙げています。平均で15回に1点です。

      土曜日のトリノは、フリーキック・ルーティンを夏の間に行い、ボックス付近でのセットプレーから、5ゴールを奪っています。

      まだ今シーズン、コーナーから失点することが無く、トリノは、良く鍛えられている事を示しています。

      パウロ・ディバラ(2)とポール・ポグバのPKは、ビアンコネリの悪い状況での唯一の当りを説明します。

      9. グリクとバセッリが先導する

      グリクとダニエレ・バセッリがこの期間ここまでヴェントゥーラ監督の重要なパフォーマーであったことをスタッツが示しています。
      バセッリが最もよく交代する(4)選手ですが、彼よりも多くクロスを完成した選手はトリノにはいません。

      グリクは、ディフェンス面でチームを先導した、28回のインターセプトと53回のクリアを記録した。

      10. 雄牛に注意を

      ユベントスはシーズン最初のリーグ戦10試合内での4試合に987/88から負けないが、トリノは、この10年間で最高のセリエAのスタートを切っています。

      水曜日のホームで3-3となったスリリングなジェノア戦は、このステージで記録的なポイントを集めていくのに十分でした。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK