27.10.2015 16:00 - in: セリエA S

    サッスオーロ戦の10の知っておくべきこと #SassuoloJuve

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリにとってマペイ・スタジアムでの3度目の遠征となるこの試合、Juventus.comは、サッスオーロのホームでの対戦前に10のポイントを確認します
    1.ホームの様な場所ではない

    サッスオーロは、マペイ・スタジアムでのでの過去7試合を負け無しでユベントスとの試合に臨み、3試合連続ホーム得点の記録を伸ばそうとしています。

    しかし、サッスオーロは、ゴール前で得点を挙げる男を失っています。それは、シモーネ・ザザです。
    イタリア代表のザザは、現在ユベントスで戦っているが、サッスオーロ在籍時、セリエAでで64試合20ゴールを挙げました。

    この2チームの対戦、4試合のうち、ユベントスは、優位で、3勝1分けを去年の10月までに記録しています。

    2. 唯一の方法は上がる事

    サッスオーロは、キエーヴォ(+8)とアタランタ(+6)に続き、昨シーズン(+5)、2年前の初めてのセリエA(+9)での勝ち点獲得数を成長させた。

    11試合の無敗後、サッスオーロは、3試合のアウェイで2試合を失ったが、直近では、10人でミランとの対戦することとなり、敗北した。

    3. 恐るべき前線

    ユベントスは今週の水曜日の対戦相手より、今シーズン171本のシュートと101本多くのシュートを放ったが、サッスオーロは、ユベントスの11ゴールに対し、12ゴール挙げています。サッスオーロのシュートの53%は、枠内でした。
    彼らの努力の53パーセントとセリエAでトップで、リーグにおいて3番目17%という効率でゴールを挙げています。

    キエーヴォ(5)だけが、サッスオーロ(4)より決定的にペナルティーエリア外からのシュートを決めており、ローマ(10)に次ぐ前半でのゴール数で8ゴールを挙げています。

    アントニオ・フローロ・フローレスは、トップ・スコアラーとして3ゴール2アシストを記録していて、ストライカーは、直近のリーグ戦5試合で、攻撃の貢献をする事が出来ませんでした。

    4. ポスト間のペゴーロ

    ミラン戦でのアンドレア・コンシーリの退場後、ジャンルカ・ペゴーロは、サン・シーロでシーズン最初の60分出場をしました。

    2015/16シーズンのサッスオーロの2敗目に繋がる3失点を挙げたため、元ジェノアとシエナの34歳のキーパーにとって、幸せな午後とはなりませんでした。

    5. セットプレー

    サッスオーロは、エンポリと並ぶリーグ記録であるコーナーからの4失点を喫しました。ルイス・アドリアーノがサン・シーロでミランの勝利につながるゴールを奪い、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、ユベントスとの試合に向けこの点の改善を取り組むとコメントした。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、この弱点を利用するかもしれません。しかしビアンコネリは、カルピと共に、今シーズンのセリエAでフリーキック、又はコーナーから得点を挙げていないチームです。

    6. オフサイドは、罠ではない

    サッスオーロのストライカー全員は、同じ波長でプレーし、相手チームより少なくとも、この事実の1つは面白い指標です。今シーズン11回オフサイドの判定を受けました。


    サッスオーロは、過去3試合と前線を変更します。
    7. 「負けない」姿勢

    サッスオーロは、今シーズンの上位チームよりもより、負けそうになるも、追いつくために8点を奪いました。

    ユベントスは、その間、ビハインドからは、4点を奪っています、現在は無失点です。

    8. レッジョ・エミリアへの帰還

    アッレグリ監督は、2007/08シーズンにサッスオーロで指揮を取り、セリエB昇格へ導きました。そして、2013年にセリエAで昇格を続けたクラブのレッジョ・エミリアでの対戦が競争的であると解りました。

    ミランで指揮を揮ったトスカーナの戦術家の最後の試合は2014年1月のマペイ・スタジアムで、サッスーロは4-3で勝利した。

    一方、サッスオーロは、昨シーズンのビアンコネリから点を奪った最初のチームでした。1-1で引き分けたこの試合は2014/15シーズンのユベントスの開幕6連勝を止める試合となりました。

    9. 全ての角度が危険

    今シーズンの8人の選手がサッスオーロで得点を上げており、セリエAで2番目に得点を上げる2選手だと解りました。

    フォワード、フローレスフロレス(3)、ドメニコ・ベラルディ(2)、グレゴワール・ドゥフレル(2)、セルジオ・フロッカリ(1)とニコラ・サンソーネ(1)のゴールに加え、ミッドフィールダー、フランチェスコ・マニャネッリ、マッテオ・ポリターノ、シモーネ・ミッシローリは、各々1得点を挙げています。

    10. 中心人物と巧妙な作戦

    マニャネッリは、シンプルに、最も多くの(507)を完了て、特に半分(237)は攻撃時のピッチ中央で重要な歯車になります。
    バックラインのヘルプにも寇謙之、チームメイトの誰よりも多いタックル数(25)を記録し今シーズンここまで31回相手ボールを奪いました。

    対戦では、ミッシローリは相手陣地で272本のパスを通し、ストライカーへクロスを放ち、ペナルティ・エリアへの放り込む右サイドバックのシメ・ヴルサリコとプレーを好みます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK