20.11.2015 17:30 - in: セリエA S

    ロッソネリについて知っている10の事

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリのミランと161回目のセリエAでの対戦に備え、Juventus.comは土曜日の対戦相手について知っているべき10の事を取り上げます
    1) (イタリアで)イングランドで設立

    ユベントスは、シンボルカラーに対しイングランドへ感謝しますが、ミランは、ノッティンガム生まれのレース・メーカー、ハーバート・キルピンとシュロップシャーのビジネスマンのアルフレッド・ヒューズによって1899年に創立され、その存在を国に示した。後者は、当時ミラン・クリケット・アンド・フットボール・クラブとして知られているクラブ最初の会長となり、1901年に初めてのタイトルを監督しました。
    一方、キルピンは、ユニフォームを設計するために織物産業で専門知識を利用したことで残っています。

    2) スーパー・スウェーデン

    1901~1907年に3回のセリエAタイトルを獲得した後に、ミランは、トロフィーを持ち上げることなく、驚くべき44年を過ごしました。
    1949年夏に3人のスウェーデン人ニルス・リードホルム、グンナー・グレン、グンナー・ノルダールの加入が、泡沫候補のレッテルを外すのに重要となった。
    グンナー・ノルダールは、ミランで総210ゴールをあげ続け、空前のセリエA史の3番目のクラブの最も多く得点を奪った選手のままです。
    ミッドフィールダーのリードホルムは3人より最も長く活躍しました。そして、1961-62シーズンと1964-66シーズンに監督としてと選手としての2つの期間での12シーズン、5回のスクデットを獲得した。

    3) オランダ・コネクション
    ユベントスが制した1990年のコッパ・イタリア決勝のマルコ・ファン・バステン

    1950年代のスウェーデン・トリオの大当りに続き、同じ国出身同士の新しいトリオは、アリーゴ・サッキ監督とファビオ・カペッロ監督が率いる、80年代後半と90年代前半を支配していました。
    ルート・フリット(1987-93)、マルコ・ファン・バステン(1987-95)とフランク・ライカールト(1988-93)が開花し、4回のスクデットとイタリア・スーパーカップ、3回のチャンピオン・リーグ・タイトルとUEFAスーパーカップ、そして忘れられない2度のインターコンチネンタル・カップ優勝を含むクラブにとって信じられないほど実りの多い期間になった。
    オランダとの関係は続き、ラレンス・セードルフ、パトリック・クライファート、エドガー・ダーヴィッツ、最近ではマルク・ファン・ボメル、ナイジェル・デ・ヨングがロッソネリを表しています。
    セードルフは、2014年に監督として舵を握っていました。

    4) 国外での成功

    ミランは、チャンピオンズ・リーグを7回優勝し、ヨーロッパ大陸で素晴らしい血統を誇り、レアル・マドリッドだけが10回と上回っています。
    海外でのミランの功績は、2度のUEFAカップと5度UEFAスーパーカップの優勝も収めました。
    一方、世界的なレベルでは、2007年優勝したFIFAクラブ・ワールド・カップに加え、インターコンチネンタル・カップに3回優勝しています。

    5) 監督交差点

    多くの監督が長年に渡ってミラノとトリノの間を渡りました。
    ファビオ・カペッロ監督は、ユベントスで指揮を執る前に、ロッソネリで指揮を執った期間全体で4回のスクデット、3回のイタリア・スーパーカップ、チャンピオンズ・リーグとUEFAスーパカップを獲得しました。

    カルロ・アンチェロッティの場合は、反対方向の旅となりました。ビアンコネリから2001年にミランへの移籍し多くのシーズンで8つのトロフィーを獲得し、この半分は2度のチャンピオンズ・リーグと同じ数のUEFAスーパーカップを獲得というヨーロッパでの活躍となった。

    新しい10年で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がロッソネリに就任し即座に影響を作りました。イタリア・スーパーカップを奪う前に2010/11シーズンで7年ぶりのリーグ・タイトルを獲得した。
    昨シーズン、トスカーナの戦術家は2つの異なるクラブで最初のシーズンでスクデットを獲得するという素晴らしい偉業を収め、ビアンコネリを更なる成功へ導き、コッパ・イタリアとこの夏にスーパーカップを獲得した。

    6) 変化の気配または微風?

    ビアンコネリの様にミランは夏の間、チームに変化がありました。
    ユベントス・スタジアムで2月の戦いで大きな位置を占めた選手のうち、わずか2選手が、11月7日土曜日のアタランタ対ミランの遠征に参加しました。
    アレッシオ・チェルチ、アンドレア・ポーリ、ベンチ・スタートとなった本田圭佑です。

    おそらくより重要な事は、土曜日のトリノ遠征には、異なる監督である、シニシャ・ミハイロビッチ監督です。セルビア人はシーズンオフにフィリッポ・インザーギ監督に代わり監督を務めている事です。
    現在のところ、しかし、いくらか取るに足りない上り坂がテーブルの上にありました、彼らが前のキャンペーンの12の試合の後なんとかしたより、Rossoneriで、もう2を得ることはこの季節(20)を示します。
    2014/15のこのステージの昨年の第7と比較して、改善も第6のわずかにより良いリーグ位置に現れます。
    これまでのところ、ミランは、2014/15シーズン現在、12試合消化で7位ユベントスと勝ち点差2点の勝ち点20で僅かに良い6位に着けています。

    7) 分析しましょう

    ミハイロヴィチ監督は、チームをより効率的にしようとしています。ファイナル・サードでのはっきりしたゴールに結びつくチャンスの71%を得る事ができ、ジェノアの次に良い数字です。
    不利な面に関して、ロッソネリは攻撃においてより強力でありませんでしたし、この期間15得点を上げており、昨年の12試合消化時より6点少ない数字です。
    一方、ゴール枠への攻撃は33%の成功率となっており、セリエAでカルロス・バッカが6ゴールを挙げ、ジャコモ・ボナヴェントゥーラが多くのアシストを記録するも2番目に最悪の記録を意味しています。
    ジェレミー・メネスは、ミランのセリエA16ゴールの中のチャートで2015/16シーズンのここまでで大きな貢献をしています。

    8) ハーフタイム疫病神

    ミランが今シーズンここまでの16ゴールのうちはハーフタイムの直後に15分で6ゴールを挙げています。
    一方ビアンコネリは、15分で4回得点し、ハーフタイム後にアドバンテージを奪います。

    9) あとへは引けない段階

    ミハイロヴィチ監督のチームは、今シーズン4敗しており、そのうち、アウェイで3敗しています。
    フィオレンティーナは、2015/16シーズンの敗戦の位置からポイントを加えられなかった唯一のセリエAのチームです。

    10) 有望な手

    ジャンルイジ・ドンナルンマは、10月の勝利したサッスオーロ対ミランの戦いで、16年8ヵ月という年齢で2番目に若いセリエAデビューを果たしたゴールキーパーとなった。
    イタリアU17のキーパーは3試合に出場し、ミランで85%のセーブ率をセリエAで誇っており、インテルのサミール・ハンダノヴィッチの86%に続いています。

    ちなみに、セリエAのこれまでで最年少デビューキーパーはペスカーラのジャンルカ・パッチャロッティで1980年に16年6ヶ月ペルージャ戦で10分プレーしました。しかし、あなたはいずれにしろそれを多分知っていたでしょう...

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK