06.07.2015 16:30 - in: 公式レポート S

    ありがとう、マエストロ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アンドレア·ピルロは、驚異的な4年間のユベントス在籍に幕を降ろし、アメリカでキャリアを継続することを発表しました

    MLSのニューヨーク・シティFCへの移籍を公式に完了し、アンドレア・ピルロは彼の素晴らしい4年のユベントス在籍を終えました。  
     
    素晴らしいミッドフィールダーは、ユベントスがイタリアとヨーロッパのフットボールの頂上への挑戦へ復帰した後、新たなスタートと終わりを発表しました。
    先見的なパス、ピンポイントのアシスト、素晴らしいゴールと見事なフリーキックは、クラブの上昇を継続させました。

    2011年夏に、トリノに到着したピルロ。
    ユベントス・スタジアムがその年の9月8日に公式にオープンし、刺激的な時がクラブにありました。
    そして、新しいスタジアムの最初のリーグ戦で勝利をリードしたのはピルロでした。
    開会式の3日後に、9月11日のパルマ戦で、ピルロは16分にシュテファン・リヒトシュタイナーに理想的なアシストを送り、素晴らしくはっきりしたプレーを提供しました。

    ユベントス・サポーターはピルロの白と黒での伝統のユニフォームでの最初のゴールを2012年2月まで待たなければ行けませんでした。しかしこのゴールには十二文の価値がありました。
    カターニア戦でのエリア端からのフリーキックでアンドレアは、確実このフリーキックを仕留め、揺れるネットでスタジアムを有頂天にしました。
    このゴールは、ユベントスで挙げた美しく輝かしい19ゴールの最初のゴールとなりました。

    2013/14シーズンには5得点を奪い、ピルロは常にセットプレーで彼の能力を発揮し、評判に従い十二分に活躍しました。
    中央、ゴール遠くからペナルティエリアの外に数メートルでユベントスがピルロの得意な位置でフリーキックを得ると、スタジアム全員が次に何が起こるか解っていました。
    試合を組み立てる、チームメイトへのチャンスを創造し、ピルロは自らのゴールのチャンスもむだにしませんでした。
    定期的に重要な試合でゴールを奪い、進歩していました。

    2014年3月に、ピルロは、ユベントスの伝説を強調する5日間で、2度の衝撃的なフリーキックで得点しました。
    3月16日に、ルイジ・フェラリスでのジェノア戦で89分目のセットプレイ、ユーヴェに1-0の勝利を与え、この年の記録破りのスクデット優勝へ導きました。
    それから、3月20日に、ヨーロッパ・リーグ準々決勝を賭けたフィオレンティーナ戦終盤にフリーキックで火をつけました。

    #PirloIsNotImpressedの大流行を忘れないようにピルロを慌てさせる多くがありません。
    2014年11月にユベントス・スタジアムで冷静な頭脳とスリルに富んだトリノ・ダービーの最終的な苦しみを確かに保ちました。
    正確に残っている6秒アディショナルタイムでピルロはシュート位置に気付かれず動き、ビダルからボールを受けネットの一番下の角の方へシュートを放ち、ダービー・デッラ・モーレ史上止められないゴールとなりました。

    164試合に出場し19ゴール(そのうち 15ゴールがフリーキック)、35回のアシストそして7つのトロフィーを獲得しピルロは真の男たる選手となったが、ただの統計だけでは決して分析が出来ません。

    ピルロは、静かなカリスマでピッチ中央で安定を示し相手ディフェンスをかく乱します。広くピッチで戦い、膝でチームを動かすパスを使い予想外のボールを送ります。

    在籍4年のシーズンをアンドレアと過ごせた事は名誉と特権です。そして、ユベントス・フットボールに関連する全員は、ピルロの将来への最高を祈ります。

    マエストロへ全ての幸運と感謝

     #WeAreImpressed

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK