09.12.2015 11:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      セビージャ戦のキー・スタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、スペイン南部でのハイテンポで殺気立ったタイトに争われた対戦から、鍵となる数字をまとめます

      エスタディオ・サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦1-0の敗北に続き、1つの事が今朝ビアンコネリファンの関心をもたらします。

      ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦を4-2で勝利したマンチェスター・シティが首位ユーヴェをグループDで追い抜きユベントスは、マンチェスター・シティに続き2位でチャンピオンズ・リーグベスト16へ進みます。

      これは11回の出場のうち4回目の2位通過で決勝トーナメントへ進む事になりました。そして、このうち3回はマンチェスターの2クラブ、シティとユナイテッドが関わりました。

      最終的なチャンピオンズ・リーグ・グループD順位表。セビージャはベスト32のステージからヨーロッパ・リーグに参入し、シティとユーヴェが予選突破

      従って、特に自信をもって9月末にユベントス・スタジアムで2-0でアンダルシアのチームに勝利しマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、意気揚々と南スペインへ向かったが、監督が試合後のインタビューで指摘した通り、セビージャはホームで全く異なるチームとなります。

      昨晩の試合はセビージャのヨーロッパでの12試合で11勝目となり、チャンピオンズ・リーグベスト16でユベントスの2敗目となり、どちらもスペインのチームのと対戦となった。

      最終的なグループ順位表がビアンコネロ・クオリティを懸念させるも、火曜日の夕方の対戦のスタッツは面白く魅力的なパフォーマンスのある対戦であったことをアッレグリ監督のチームの試合内容は示しています。

      Team Comparison

      SevillaJuventus
      6Games Played6
      • Defence

        SevillaJuventus
        11Goals Conceded3
        2Clean Sheets3
        46Shots Faced (on target)21
        74Tackles Won81
        22Tackles Lost14
        77.1%Tackles Won (%)85.3%
        322Duels Won324
        280Duels lost298
        53.5%Duels won (%)52.1%
      • Attack

        SevillaJuventus
        8Goals Scored6
        24Shots On Target27
        37Shots Off Target48
        39.3%Shot Accuracy (excluding blocked shots)36%
        13.1%Conversion Rate (%)8%
        5Assists4
      • Distribution

        SevillaJuventus
        2,430Successful Passes2,268
        447Unsuccessful Passes437
        84.5%Pass accuracy83.8%
        20Successful crosses14
        105Unsuccessful Crosses56
        16%Cross accuracy20%
        68Successful dribbles64
        38Unsuccessful dribbles71
        64.2%Dribbles success47.4%
      • Discipline

        SevillaJuventus
        68Fouls Won82
        56Fouls Conceded66
        7Yellow Cards6
        0Red Cards1

      19本シュートと14本のクロスがユベントスによって試みられ629本のパス(82%正確さ)を考慮した信用がジョルジョ・キエッリーニの試合後にコメントにあります、アッレグリ監督のチームはこの夜により良い結果に値しました。

      昨晩の両チームは、相手ペナルティ・エリアで多くのタッチがあった

      選手個々のパフォーマンスに移り、黒と金のユニフォーム側の素晴らしい点は、ウイングバックのアレックス・サンドロはサンチェス・ピスフアンで5度チャンスを生み出し、クラウディオ・マルキジオは、8度リカバー、3度タックル、7本のロングパス成功でトップチャートに立ちました。

      しかし、今シーズン初めてではないが、レオナルド・ボヌッチはチームで最も多くパスを供給しました。そして58回チームメイトへパスを送り67回タッチ数がありました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK