20.12.2015 10:20 - in: セリエA S

      #CarpiJuveスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・マンジュキッチの2ゴールと枠内へのシュート、621本のビアンコネリのパス、そして最も重要なユベントスのリーグ戦7連勝

      カルピ対ユベントスの対戦が7月下旬に決まり、ビアンコネリはこの対決の3-2の勝利が非常に重要な1つであることが解りました。

      最終的に、モデナのスタディオ・アルベルト・ブラーリアでの勝利は、ユベントスのリーグ戦7連勝と全ての大会で10試合9勝となった。そして、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手が、スクデットを他のチームに許す気が無いという更なる証明となった。

      今年の節目に接近し、一見止められない調子にあるユベントス。そして、チームがベストに戻っているという徴候を示します。実際、彼らは2014年10月から逆転では7試合勝てませんでした。

      記録の男

      ビアンコネリのタイトル・ライバルが懸念する1つとして夏に加入したマリオ・マンジュキッチのゴールがあります。優れたヘディングと素晴らしいオーバーヘッド・キックがマンジュキッチの初めてのセリエAでの2ゴールを記録しました。(リーグ戦6試合で4及び5得点目)

      ユベントスの遅れたからのスタート後、マンジュキッチは、バイエルン・ミュンヘンとアトレティコ・マドリッドでのキャリアを通した素晴らしい成功を奪ったゴールの本能を示し始めています。

      そして、マンジュキッチのわずか2本のシュートはモデナのゴール枠内へのシュートとなりネットを揺らし、日曜日午後にもマンジュキッチが得点すれば、ビアンコネリが勝つ事を証明しました。

      クラウディオ・マルキジオのクロスフィード・パスから素晴らしいフィニッシュを決め、全ての戦いで今シーズン4得点目となり水曜日コッパ・イタリア、トリノ戦から2試合連続となったポール・ポグバの嬉しいゴールがスコアシートに乗りました。

      マルキジオの貴重なアシスト
      ポグバの器用なフィニッシュ

      試合詳細

      試合そのものに関しては、マルコ・ボリエッロのショッキングな先制点で、ユベントスは僅かにペースを見出したが、スタッツとして、今シーズン遅れをとった試合で勝ち点13点を奪い、ビアンコネリの圧倒的優位は打破されることが無かった。

      対戦相手に対し621本に対し311本、6本に対し3本と、2倍近くのパス数と枠内へのシュート数を完了し、アッレグリ監督のチームはこの期間で最も高いポゼッション率65.9%を記録しました。
      そして、レオナルド・ボヌッチの終盤のオウンゴールがあったにもかかわらず、勝ち点を失う事はありませんでした。

      このポゼッションは主に中盤の優位を表しています。下のグラフィックで確認できます。

      Heatmap

      Carpi
      • Vid Belec
      • Gaetano Letizia
      • Cristian Zaccardo
      • Riccardo Gagliolo
      • Simone Romagnoli
      • Gabriel Silva
      • Isaac Cofie
      • Lorenzo Lollo
      • Luca Marrone
      • Antonio Di Gaudio
      • Marco Borriello
      Substitutes
      • Raffaele Bianco
      • Kevin Lasagna
      • Jerry Mbakogu
      Direction of play
      Juventus
      • Gianluigi Buffon
      • Giorgio Chiellini
      • Andrea Barzagli
      • Leonardo Bonucci
      • Sami Khedira
      • Claudio Marchisio
      • Paul Pogba
      • Juan Cuadrado
      • Patrice Evra
      • Mario Mandzukic
      • Paulo Dybala
      Substitutes
      • Álvaro Morata
      • Daniele Rugani
      • Stephan Lichtsteiner

      中盤の巨匠

      ビアンコネリがカルピ・ゴールへのプレスを維持し、チームメイトの攻撃ペースを提供し、103のパスを93.2%で成功させたマスター・マルキジオはボールの効率と落ち着きを確実としました。

      カルピ戦のビアンコネリ選手の平均的位置

      仲間のミッドフィールダー、サミ・ケディラは前方でのファイナルサードでチームの攻撃へ重要なフィジカルをコントロールした。

      全体的に、エミリアロマーニャでの有益な午後の戦いは素晴らしい2015年の締めくくりました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK