04.10.2015 20:21 - in: セリエA S

    3ゴール、ユベントス、ボローニャに勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリ、ボローニャに3-1で逆転勝利で、ユベントス・スタジアムでの今シーズン最初のリーグ戦勝利を確保

    アルバロ・モラタ、パウロ・ディバラ、サミ・ケディラのゴールでユベントス・スタジアムでのリーグ戦初勝利を挙げ、ボローニャから3-1勝利を挙げ、ユベントスは納得の行く復活を完了しました。

    開始5踏んでボローニャが、アダム・マシーナのクロスをアントニー・ムニエがダイレクトでシュートしジジ・ブッフォンからゴールを奪い先制しリードを奪い、試合はデジャヴの様な悪い空気から始まりました。このゴールは、2015/16シーズンの全大会で相手チームに先制された4試合目となります。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは強く反撃し、ポゼッションの66%を誇り、33分の同点前に7本のシュートを放ちました。そして、モラタはケディラのクロスから今シーズンのセリエAでの最初のゴールを挙げました。

    ユベントスは、2点目を奪うため、ボールを前進し続けます。モラタがアレックス・フェラーリにエリア内でファウルを受け、これがPKの判定。52分にディバラがキッチリ決めてリードします。

    ビアンコネリの1点目を挙げたモラタは、この夜のユーヴェの3点目でも重要なプレーを残しました。63分にクロスを放り込むと、ケディラが頭で合わせボローニャ・キーパ、アントニオ・ミランテからゴールを奪います。

    ゴールが試合に影響を与え、終了前の30分間、ボローニャは、アディショナル・タイムのフリーキック以外にチャンスを作る事が出来ず、ビアンコネリは快適に試合を進め、国際試合期間前に勝利し、勝ち点を8点に積み重ねました。

    ボローニャは、5分で1点のリードを奪い、試合は異なる結果で終わったかもしれません。
    このゴールは、モラタが南スタンドの声の前でミランテにセービングを強いた後、ボローニャがゴールを挙げた。

    ボローニャはピッチの反対側、左サイドでボールを速く動かし、マシーナがムニエへ素晴らしいクロスを上げ、ブッフォンの目の前でダイレクト・ボレーを放つため、オフサイド・トラップをかいくぐりました。ブッフォンはボールに触れるも防ぐ事が出来ず、夏にモンペリエから加入した、ムニエに今シーズン3ゴール目を奪われてしまいました。

    アッレグリ監督の選手達は、直ぐに反撃に出ます。8分にモラタが、決定機を迎え、積極的にシュートを放つもクロスバーの上へ。

    ユベントスが33分に同点に追いつくまでミランテを脅かす事は無かったが、ボール・ポゼッションをコントロールし、パトリス・エヴラのゴールを外れたヘディングシュートを含む数回のチャンスがあり、ユベントスは続けて、攻撃の圧をかけます。

    ケディラが右サイドから放ったクロスが、ディフェンダーに当りボールの方向が変わるも、モラタが4日間で2ゴール目となるヘディング・ゴールを挙げました。

    ユベントスは、攻撃を続け、フアン・クアドラードのシュートはミランテがダイビングでのセービングを強いる等のプレーがあったものの、前半終了前に逆転する事は出来ませんでした。

    そして、ハーフタイム後数秒でモラタが決定機を向かえます。クアドラードの右サイドかからのエリア侵入からパスを受けゴールから10ヤードの位置でシュートを放つもゴールを奪えず。

    ユーヴェの2ゴール目は52分に挙げられます。フェラーリがエリア内でモラタを倒してしまいレフェリーはPKの判定。
    このPKをディバラがミランテの逆をつき、2015/16シーズンのセリエAで通算3点目となるゴールを奪った。

    前線で活発な試合を楽しみ、モラタはゴール角へ激しいドライブシュートを放ち、ボローニャのキーパーへ再びセービングを強制した。

    そして、モラタは、63分のビアンコネリの3ゴール目も演出します。スペースでケディラを見つけると、正確なクロスを上げます。このボールをケディラは落ち着いてゴール角へ頭で合わせこれが3点目に。

    ユベントスが試合をコントロールし、70分の直前にミランテがディバラのシュートをブロック、これはユーヴェの勝利を見届ける、この試合最後のシュートになりました。その後マッティア・デストロがアディショナル・タイムにフリーキックを狙うもゴール枠を外れました。

    アッレグリ監督は、早々の失点への逆転への性質と、ゴールというチームの素晴らしく改善された最新の戦いに喜び、2週間後のサンシーロでのインテル戦前に勝ち点3を積み上げ、国際試合期間の中断に入ります。

    ユベントス

    ブッフォン; バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ, エヴラ; ケディラ (アサモア 90+2), エルナネス (レミナ66), ポグバ; クアドラード, ディバラ, モラタ (ザザ 76)

    未出場控え: ネト, アウデーロ, ルガーニ, アレックス・サンドロ, パドイン, ヴィターレ

    監督: アッレグリ

    ボローニャ

    ミランテ; フェラーリ, オイコノム, ガスタルデッロ (ロッセッティーニ 47), マシーナ; リッツォ, ディアワラ, プルガル (ブリーギ, 70); ブリエンツァ (ファルコ 77), デストロ, ムニエ

    未出場控え: ダ・コスタ, ストヤノヴィッチ, モルレオ, クリセティグ, マンコーズ, エムバイェ, アクアフレスカ, マイエッタ, クリミ

    監督: ロッシ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK