27.11.2015 16:55 - in: チャリティー/CSR S

      ユネスコとユベントス、協力を延長

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス会長アンドレア・アニェリとユネスコ事務局長イリナ・ボコワは、2つの組織の間の協力関係の延長をユネスコ・パリ本部で発表

      今日の午後パリで両組織間の良好な協力関係の再開を確かめた後、アンドレア・アニェリ、ユベントス会長とユネスコ事務局長イリナ・ボコワの両者は、喜びについて話しました。

      2年の延長のニュースは、「色?何の色?」レポートを示し、今日の記者会見で正式に発表されました。
      先駆的なフットボールの世界では人種差別や社会的排除の現象への研究があり、両当事者が反差別に取り組み、イタリア国内と海外での連帯を促進するために共に仕事が続けられます。

      アニェリ会長は、以下のように述べました。「今日、我々は更に2年間ユネスコとの実りの多い協力を再開しました。クラブとして我々が差別と戦うための処置をとり、他のチームが先例に従うのを奨励することが重要です。」

      「ユネスコと共に、我々はローカル・プロジェクト。例えば「Gioca con Me(私とプレー)」という取り組みをまず最初に始めました、そして、現在、マリと中央アフリカ共和国の子供兵の社会復帰を支援する為のチャリティマッチ、ユネスコ・カップを、我々は行なっています。

      ユネスコの、教育的で科学的で文化的なフィールドでの専門知識と、我々がこの先長く一緒に働ける事を楽しみにします。」

      ボコワ事務局長は以下のようにコメントした。
      「我々は、ユベントスとの協同を再開し非常に満足です。フットボールは世界で最も多様なスポーツで、社会参加にへは他に類のない物になります。

      「クラブと共に、我々はマリと中央アフリカ共和国で子供兵のために重要なプロジェクトを準備してきました。そして、取引を学び、新しい技能を身につけることによって社会に再復帰を弱い子供たちへ援助しました。
      我々は、ユベントスと一緒にフェアプレー、尊敬と寛容性の値を進めることに完全に専念します。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK