27.11.2015 12:00 - in: チャリティー/CSR S

      ユネスコ、フットボールにおいてのレイシズムに関して最初のレポートを発表します

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス会長アンドレア・アニェリとユネスコ事務局長イリナ・ボコワは、今日、草分けとなる「色?何の色?」レポートをパリ本部で公開

      ユベントスの会長アンドレア・アニェリとユネスコ事務局長イリナ・ボコワは今日、「色?何の色?」レポートをパリのユネスコ本部での記者会見んで公開予定です。

      最初に2014年5月に発表され、ユベントスだけが融資し完結したESSCAスクールのマネージメントの2人アルブレヒトゾンターグとデイビッド・ランクによって書かれた記事は、世界中での差別の現象とスポーツへ含める事への反対の関係を調べます。

      国際的な専門家チーム、研究者、フットボール監督とユネスコが関与する研究とリサーチを通して編集された文書はスポーツにおいて役に立つ分析のツールを全ての投資家に提供し、長年レイシズムと差別の問題の取り組みに努めてきました。

      この一連のレポートは、パリでアニェリとボコワが合意に署名した時、2014年5月に協力が始まった時からユベントスとユネスコの主導にとって最新のものです。

      この関係から生まれ行われた最初のイベントの1つは2014年6月2日のユネスコ・カップでした。そして、ユベントス・レジェンズがユベントス・スタジアムでのチャリティ・マッチでレアル・マドリッドと対戦となりました。
      これは、今年9月8日のボカ・ジュニアーズとの対戦に続きました。

      これらの試合の利益は、マリと中央アフリカ共和国で元子供兵を復帰させるための2つのプロジェクトへ使用されました。
      単純なトレーディングを学び、独立しできるよう、文化的な、スポーツと芸術的な活動に参加することが出来るように、主導は子供たちに技術的に専門的な技術を身につけさせます。
      子供たちが希望と自信を再発見するのを援助するための、読み書きの能力コースも、提供されます。

      2015年6月に、プロジェクト支持のビアンコネリの継続的な確約を目撃するために、ユベントス・レジェンズのダビド・トレセゲと事務局長補、対外関係・広報担当のエリック・ファルトは2ヶ国を個人的に訪問しました。

      2人はバンギのアート&トレード・スクールとバマコのTEMEDTセンターで、元子供兵で現在フルタイムの教育を受けている子供と話す機会があり、困難の場所で社会復帰と団結を元に戻すのに貢献する際に、スポーツの役割がどれくらい重要かについて見ました。

      これらのプロジェクトをサポートする事によって、ユベントスはユネスコの様な国際組織と一緒に徹底的なイニシアティブを握る世界で最初のクラブになり、それは文化的な促進の模範者です。そして、1945年の国連創立以来、平和を実現するための媒体としての値となります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK