29.10.2015 11:29 - in: セリエA S

      水曜夜のスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      恒例のスタッツを振り返ります。Juventus.comは、マペイ・スタジアムでの1-0の敗戦をキーナンバーと統計数字で振り返ります

      レッジョ・エミリアでの厳しい夕方、辛い雨の中、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、前半のジョルジョ・キエッリーニの退場から状況は悪化し、ニコラ・サンソーネの20分のフリーキックの先制点を、数的不利からひっくり返す事ができず、最終的に、セリエA10試合目で、4敗目となった。

      試合での数字

      サンソーネの素晴らしいフリーキックは壁を越え、ジャンルイジ・ブッフォンからゴール隅へ吸い込まれネットを揺らし、サッスオーロは最初のシュートでゴール。8月のウディネーゼ戦、キエーヴォ戦、フロジノーネ戦、ボローニャ戦に続き、敵チームの最初のチャンスでの失点という不運は、ビアンコネリにとって5試合目となった。

      サッスオーロ戦でもユベントスは、等しい数のチャンス(5)で試合でビハインドで戦い、1987/88シーズン以来、開幕10試合で4敗となりました。

      フィールド上の数字に関してのストーリーは、ユベントスにとってエリアを支配し、ポゼッションとゴール前での浪費です。

      両チーム90分を通し各々枠内へは3本のシュートを放ったが、ビアンコネリは、サッスオーロの7本に対し2倍の14本ものシュートを放ち、前回の試合で目撃された傾向に関与しました。

      シュート本数からのフィニッシュに関して、ユベントスはリーグで最も浪費的なチームの1つであり、サッスオーロは、ベストの1つです。

      ユベントスの攻撃の意図を示している数字はコーナーの本数も含み、サッスオーロの1本に対し11本のコーナーキックがあり、アッレグリ監督のチームは、ポゼッションが56%、パスも306本に対し倍近くの514本を完了させた。

      試合の重要な鍵

      ビアンコネリは、この点で既に負けていた。ハーフタイム前のジョルジョ・キエッリーニの退場は、2007年の11月のパルマ戦以来8年ぶり最初の物となり、サッスオーロは優位に。

      これ以降、前面に現れたのはディフェンス力でした、そして、サッスオーロのフランチェスコ・アチェルビとユーヴェのレオナルド・ボヌッチが試合で最も一貫したパフォーマンスを残しました。

      相手陣地、アタッキング・サードでビアンコネリは、最大数のパス数36回を完了させ、フアン・クアドラードとポール・ポグバ両者は、ポジショニングと2度のチャンスという顕著な貢献があったが運がありませんでした。

      おそらく、この試合で一番忙しかったピンクのユニフォームを着た選手は、ミッドフィールダーと後の右バック、ステファノ・ストゥラーロでした。6回のタックルに勝ち、チームへ8回ポゼッションを回復させた。

      しかし、最も興味深いスタッツは、この試合を決めたゴール得点者によって生み出された。
      リーグ戦でサンソーネがネットを揺らす度にサッスオーロが勝利する記録を維持しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK