16.10.2015 11:00 - in: 公式レポート S

      コンティネッサ、での仕事が始まります

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      J-ヴィレッジ・ファンド開発計画が日の目を見ます

      2015年10月16日、トリノにて。
      今日、コンティナッサ地域の発展とグレードアップ計画が、大きな前進をしました。
      ユベントス・スタジアムのクラブ・ジャンニ & ウンベルト・アニェリで、ユベントス最高財務責任者アルド・マッツィアとプロジェクトの主な主唱者は、マスメディアに向け、J-ヴィレッジ・プロパティ・ファンドによって実装された最終的な開発計画を公開した。

      計画は、6つの開発から成ります。
      JTC(ユベントス・トレーニング・センター)、メディア・センターも収容するファースト・チームのチーム・トレーニング施設、新ユベントス本社J-ホテルISEインターナショナル・スクールコンセプト・ストア発電所と全地域へのサービス・ベースが、発展を完了します。

      最初のプロジェクトと1つ大きな違いがあります。
      市とトリノ州のファイン・アーツと景観監督者の権威から認可を受け、ここ数十年間で急速に部分的な回復ができなくなった初期の18世紀の農家建築のカッシーナ・コンティネッサの地域にクラブの新しい本社を建設することに、ユベントスは決めました。

      8月3日に、ユベントスはJ-ヴィレッジ資産基金の運用の開始を発表し、アカデミア不動産株式会社よって管理されました。
      地域への資産の全体的な投資は合計約€1億になり、€2410万の全体の価値でおよそ148の地域での不動産開発権、700平方メートルと34,830平方メートルの総床面積に関連する建築許可のJ-ヴィレッジ資金所有はUBI銀行ととユニクレジット株式会社よって譲渡される民間投資家と融資によってカバーされます。そして、2015年3月5日の省令30条に従い独立した専門家によって提出された予想に基づき、金額が測定されます。

      プロジェクトのプレゼンテーションでは、アルド・マッツィアは、ステファノ・ロ・ラッソ、トリノ市会議の都市開発長のアルベルト・ボッラ(アカデミア不動産株式会社常務)、バンカ・デル・センピオーネによって制御される投資ファンドのマネージングディレクターが伴った。

      運営上の計画は、2017年6月末までに全ての仕事の準備が完成します。
      8月に、建設現場の準備から始まり、10月末までには、地域のサービス・ベースの建設が始まります。
      年末までに、仕事は確保とカッシーナ・コンティネッサの構造のクリアランスを完了しなければなりません。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK